2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

リンクバナー

  • 迷い猫捜索応援団

脱走防止対策

2012年7月29日 (日)

【ついに完成!】満を持して作った我が家の脱走防止扉はこれだ!【大公〜開〜!】

全国4500万の1号ファンの皆さん、こんにちは〜!

いやあ、毎日暑いですねえ!
飼い猫が熱中症になったなんて話も聞きますから、
みなさん、あまり我慢せずエアコンをつけるようにしましょうね。
「私エアコン苦手なのよね〜」なんて言ってエアコンをつけない方もいらっしゃいますが、
人間がエアコンなしで平気でも、猫が平気とは限りませんよ!

さて!


さてさてさて!



全国28万の1号ファンの皆さん、大変お待たせ致しました!               



ついに!


つ・い・に!



我が家の脱走防止扉が完成しました〜〜〜〜!



以前、我が家の玄関ホールにベビーガードを設置していることはお伝えしました。

本来想定されている幅よりも広いところに無理矢理設置して、
しかも、銀仁朗がジャンプして突破するので、100均で買った園芸用の柵で高さを無理矢理増していた、
アレですよ、アレ!

一応画像確認しておきます?


Dscf28711

正直、見た目はかなりブチャイクでしたが、
玄関にベビーガードを設置したことで、気分的にはかなり楽になりました。
帰宅して玄関を開けても三和土に猫がいないので、
慌てて玄関を閉める必要もないし、
宅配便などに応対する際にも後ろを常に気にする必要がなくなりました。

だがしかし!
やっぱり無理矢理幅を広げているので、ロックがうまく閉まらなくなることがあったし、
柱の通っていない石膏ボードに無理矢理設置したので、ネジが緩んでグラグラになることもあったんです。

我が家はこれから先もずっと猫と暮らしていくだろう・・・・・・
仮にそれを拒んだとしても、きっと猫の神様は我が家に猫を使わすでしょう・・・・・。
ならば、もっとしっかりしたものを作ってしまっていいんじゃないか?

というわけで作ってもらっちゃいました〜!

ドーーーーーン!

Photo

↑はい、こちら玄関側から見たところです〜!

ズッキュウウウウウウウン!


Photo_2

↑こちらは、階段側(室内側)から見た画像です〜!

ウフフ〜かわいいでしょ〜?!

高さは150センチ、これだけ高いゲートをつけると圧迫感が出るかなあと危惧していましたが、
色を柔らかいイエローにしたので、圧迫感は全然ナス!




では、細かく見ていきましょう〜!

扉は、室内側に向かって開くようになっています。
こんな感じ〜!


Photo_3


Photo_4


え〜、マジで快適です!

以前使っていたベビーガードは、玄関側に開けるようになっていたんです。
階段にぶつかってしまうので、玄関側に開けるようにしか設置できなかったんです。
が、そのため、帰宅した際に手前にドアを開けるので、
いったんホールに上がってガードに手を掛けてロックを外し、
それから三和土に置いてある踏み台に戻ってドアを開けなければいけなかったのです。
しかも、その間に銀仁朗がやってきて三和土に降りようとする・・・・・。


でも、今回は、玄関側から室内側に向かってドアを押してあけるので、
ゲート越しに猫が待っていても、ドアを押し開けることによってドアに押されて猫も後ろに下がる
ことになります。
たくさん荷物を持っているときなども、いったんドアの前に荷物を置いてドアを開けることができるので、
その点でもとってもラクチン☆

で、ラッチの “受け”部分がついている側は、完全固定ではなく、下がこうなっています。


Photo_5

だから、大きな荷物、家具なんかを買ったときなんかは、
ゲートを全て開放することもできるようになっています。

ご開帳〜heart04

Photo_6

エヘヘ、よく考えられてるでしょ?


あ、ドアノブはこんなのにしました(´ω`)


Photo_7

このドアノブは、パーツが豊富なノーザンライツさんで選びました。
1号、以前からお気に入りでちょこちょこパーツを買ったりしています。
玄関のドアハンドルもこちらで買ったんですよ〜(´ω`)
今回採用したのはシンプルな丸ハンドルですが、
手に馴染みやすく、とても使いやすいです。

先ほども書いたように、室内側に押して開くドアなので、
銀仁朗が三和土に降りようとすることもなくなりました。
もともと、銀仁朗は別にお外に出たくて三和土に降りるのではなく、
お気に入りのおもちゃがゲートの下をくぐり抜けて三和土に落ちてしまうので、
それを取りたくて三和土に降りようとしていました。


※参考画像:銀仁朗くんお気に入りのおもちゃ(フク玉)

Photo_8

でも、今回設置したゲートは床とゲートとのすき間が2センチあるかないか、なので、
おもちゃがゲートの下をくぐり抜けることはありません。
よって、銀仁朗くんが三和土に降りたがることもなくなりました〜!

ほらね?


Photo_9

扉を設置したからと言って安心はできません!
階段から窓に飛び乗って、そこから扉を越えることが可能なので、
窓に飛び乗れないように、いつものアレやっちゃいました。


Photo_10

ありがとう、ダイソーーーーーー!

突っ張り棒にワイヤーネットを2枚つけただけです!
風は入ってくるし、快適〜ヽ(´▽`)/

突っ張り棒はこんな感じね〜!
いつも通り結束バンド大活躍よッ!

Photo_11




さて、いかがでしたでしょうか?
猫のためにこんな扉を玄関に設置しちゃう馬鹿野郎の生き様、
しかと見届けていただけたでしょうか?

我が家がここまでやってしまうのは、
やはり一度愛猫を迷子にしてしまって、死ぬほど苦しい思いをしたからです。

もう二度と迷子にしてはいけない、そのためなら何でもしよう
1号も2号もそう思っています。

我が家は本当に運よく、フクちゃんを保護できました。
運よく保護できたけれど、次迷子にさせたらもう保護できることはない、
そう思っています。

迷い猫捜索応援団に登録された迷い猫のうち、
無事に保護されて飼い主さまの元に帰った子は半数以下です

迷子にしてしまったら、無事に帰ってきてくれる可能性は50%以下なのです。

大切な家族だから、死ぬまで一緒にいたいと思って家族に迎え入れたのだから、
迷子にさせてはいけないのです。

何度も何度も何度も何度も何度も
何度も!言いますが、

猫と暮らすのならば、万全の脱走防止対策をとって下さい!
そうでなければ、猫を飼う資格などありません。
愛猫を守るのは飼い主の責務です。
それを忘れないで下さいね!





さて、恐らく気になっていらっしゃるかなと思いますが、
一体この脱走防止扉、いくらで作れるのか?







実はよく分からないんです・・・・・(´ω`)

もともとは、猫の脱走扉をオリジナルで作っているラティス屋さんで作ってもらおうかと、
見積もりを依頼したんです。
(「猫 脱走防止 ラティス」でググれば分かると思います)
が、見積もりの結果は90000円でした。

90000円と聞いてさすがに
.∵・(゚ε゚ )ブッ!!
となったため、以前から懇意にしている工務店に電話して事情を話したところ、





「うーーーーん、じゃあうちは58000円かなあ」

と、設計図も何にも作っていない状態でのお返事。
その後、実際にうちに来ていただいて、打ち合わせをしたのですが、
他にもいくつか工事やら何やらお願いして、
改めていくらになるかお伺いしたら、





「うーーーーん、じゃあ全部込みで60000円」





さらにその後、実際に扉は設置し終わったのですが、さらに他の工事なんかも依頼したりして、
じゃあ、すべて終わってから請求書送って下さいねと言ったら、





「こないだいくらって言ったか忘れちゃったよ・・・・」



・・・・・・・いやもう、マジで潰れちゃうんじゃないかとヒヤヒヤさせられますよ。
まあ、恐らく5〜60000円ってところでしょうかね。
高いか安いかは人によって判断が異なるかと思いますが、
これで玄関から脱走する可能性が限りなく0に近くなるのなら安いもんだ
と我が家では思っています。




以上、我が家の脱走防止扉をご紹介致しました〜!
楽しんでいただけましたか?!


ジャマタネッ!

2012年7月26日 (木)

【女手一つで】これはすごい! ラティスで作ったお手製扉!【細腕繁盛記?】

こんにちは〜! 1号です!
みなさん、脱走対策してますかー!?

え〜めんどくさい〜(´ω`)ブーブー

コラッ! そこっ! 真面目に聞きなさい!

愛猫を迷子にしてしまった飼い主さまのほとんどが、
迷子にしようと思って迷子にしたわけではありません
まさか迷子になんてなるわけがない、
外になんて興味を示したことがないんだから、脱走なんてするわけがない、
みなさんそう思っていたはずです。


愛猫を迷子にしてしまうと、100%保護できるとは限りません。
それが今生の別れになる可能性もあるのです。

だからこそ!
迷子を未然に防ぐ努力が必要なのです!

今はうるさいなあと思っているかもしれませんが、
愛猫を迷子にしたときに、きっと迷い猫捜索応援団の言っていることは正しかった・・・・・
と思うはずです。
そして、その時に気付いたって遅いんですよ、奥さん!



というわけで、参ります!
これまでにも脱走防止対策の実例を紹介してきましたが、
今回はすごいですよ〜!
一軒家のお宅なんですが、外出中は猫を二階に閉じ込めておきたいとのことで、
こんな扉を自分で作っちゃいました!

とりあえず、まずは画像を見ていただきましょうかね。
準備はいい?

ドオォォォォォォォォンッ!(効果音)

1_2

ズガァァァァァァァンッ!(効果音)

2_2



えーっと、あまりの出来映えにどん引きでしょうか?

これ、どう見たって素人のワザじゃないだろう、
プロフェッショナルカーペンターが作ったんじゃないのか? 
とお思いでしょうか?

1号は個人的に、昭和臭がぷんぷん漂う世界地図が気になって仕方ありません。
隣に貼ってある、1週間分の予定を書き込むためであろうホワイトボードからも目が離せません!

では、詳しく見ていきましょう!
↓扉を開けた状態はこんな感じです!


3_3

蝶番でラティスを壁に取り付けてるんですね〜!
えっ、ラティスなんて重たいものを壁に取り付けて平気なのか? 
壁が重さに耐えきれずに崩壊するんじゃないか?!
そう思ったかもしれません。
が、このラティス、何と薄さ2センチの超うすうすheart04なんだそうです。
重さもとっても軽くって、作業するのもラクチンなんだそうですよ〜!
軽いから、突っ張り棒に設置することも可能みたいです。
賃貸物件で壁に穴を開けられない方にもいいですよね!

先ほども書いたように、
外出中二階に猫を閉じ込めておくためのドアなんですが、
開けた状態にすれば、玄関からの脱走を防止することも可能なんです。
2WAYですよ、2WAY!

鍵を拡大した画像も見てみましょう!

4_3

・・・・・・・・えっと、そろそろ無視できなさそうなので紹介しましょうか・・・・・?
今回、お手製ラティスドアの紹介をして下さるのは、私立探偵の工藤俊作さんです。

工藤俊作が分からない小さいお友だちは、工藤新一だと思っておいて下さい。
面倒だからもうそれでいいです。
野球ファンの皆さんは、工藤公康か工藤隆人だと思っていいです。それでいきましょう。

鍵は裏側にも付けているそうで、どちらからでもロック可能。

5_2


簡素な鍵ですが、これで十分ですよね!

3_4

・・・・って、何で工藤さん縛られてるの?!


6_2


あらあら工藤さん、脱走しようたって無駄よ!
そのラティスを突破するのは、至難の業よ!

工藤さんが突破できないぐらいですから、当然のことながらお猫さまもこのラティスのすき間を
くぐり抜けることは不可能です。

7_2

お外コワイコワイだから、出ちゃダメなんだよ〜!
出ない方が幸せなんだよ〜!





以上ご紹介してきましたが、いかがでしたか〜?
こんなの作るのすっごい大変なように思えますが、
今回画像をご提供下さった方は、一日でペロッと作っていました。

こんなのペロッと作るなんて、さぞやアマゾネスのような屈強な女性なんだろうとお思いでしょう。
恐らく、皆さんの頭の中に浮かんでいるイメージはこんな感じなのでは・・・・?

O0300030110291449566

いやいや、それが全然そんなことなくって、
作った方は、小柄でスリムな美人さんなんですよ、奥さん!

さて、作成にかかった費用ですが、
ラティスを通販で買ったのでラティス1枚1480円と送料210円
あとは蝶番代が必要ですが、これは数百円でしょうね。
薄さ2センチのうすうすラティスは、コーナンのオンラインショップで売ってるんだそうです。

コーナンって関西によくあるホームセンターですよね?
噂にはよく聞くんですが、なかなか実際の店舗にはお目に掛かりません。
でも、オンラインショップがあるなら日本全国から利用できますね!
便利な世の中じゃのぉ〜(´ω`)



では、この辺で終わりにさせていただきます。
脱走防止対策、みなさんも今すぐにでも始めて下さいね。
猫を飼うのであれば脱走防止対策は必須である
よく覚えておいて下さい!

次回は、いよいよ1号宅に設置された脱走防止扉を紹介します!
期待してて下さいね!

では、ここらで〜
ジャマタネッ!


8


・・・・って、工藤ちゃん!? 工藤ちゃん、どうしたの!?

2012年7月21日 (土)

【夏だ! 暑いぞ!】みなさーん、脱走防止対策してますか?【脱走防止対策実例集】

こんばんは、1号です!

昨日は、うーやんにたくさんのお悔やみのお言葉をいただきました。
本当に感謝しています。
ありがとうございました。

さて、
昨日今日とやたらと涼しいですが、
舐めちゃいけねえよ?

またすぐに夏がやってきます。
うだるような暑さが舞い戻ってきます。
となると、増えるのが完全室内飼いのうっかり脱走。

暑いから窓を開けたくなるのは分かります。
玄関ドアをちょっと開けて風を入れたくなるのは分かります。
だがしかし、そのちょっとした油断が愛猫を迷子にしかねないのですよ、みなさん!


猫とお暮らしのみなさまは、色々な創意工夫で脱走防止対策をしています。
これまでにも実例を紹介してきたので、こちらとかこちらをご覧下さいね。

今回はまた別の実例を紹介いたします〜!

まずは、こちら。

809543385_159

この写真だけだとよく分からないかもしれませんが、
これ、簡易網戸なんですって。

簡易網戸? と思った方。
うん、1号も思いました。
こちらをご覧下さい。
アコーディオンカーテンみたいになっている網戸なんです。
突っ張り棒で設置するので、釘やネジは必要ないようで、
ご家庭で簡単に付けられます。
もちろん、あくまでも簡易網戸なので、
リンク先にあるように玄関を開け放しにしては危険です。
猫が本気で出ようとすれば簡単に突破できます。
が、
脱走を防止する二重扉としては使えると思います。
玄関に設置しておけば、外出先から帰ってきて玄関ドアを開けた瞬間、
バビューン!と猫が飛び出していく、そんな心配がありません。
ただ、子猫などは下をくぐり抜ける可能性がないとも言えないので、
やはり玄関ドアを開ける際は細心の注意をもって開けて下さいね。



簡易網戸か〜、高くはないけど安くもないわ〜と思った方、
こちらはいかがでしょうか?


Photo_2

こちらは、植物の蔓なんかを巻き付かせる園芸用の支柱とネットを使って自作した、脱走防止ネットです。
支柱にネットを付けて、フックに掛けているだけです。

Photo_4

フックに載せているだけなので当然簡単に取り外しできますが、
普段人間が出入りするときは、あらよっと跨いでいるそうです。
確かにその方が安心ですよね。

もちろん、この高さならジャンプすれば越えられますが、
普段は玄関ドアを閉め切っているから越えられないし、
もともと外に出ようという気持ちがあるお猫さまではないので、
問題ないようです。
もちろん、日ごろから玄関ドアの開け閉めは素早く行い、細心の注意を払っていらっしゃいます。

今回は、写真を撮るために玄関を開けた状態にして下さいました。
こんな感じ。

Photo_5

あらやだかわいい・・・(*´Д`*)

ちなみに、こちらの脱走防止ネットは、
支柱が2本で200円、ネットが350円(1m/60円)、フック100円で作ることができました。
あらやだお安い〜!



今日はこの2件をご紹介致しましたが、
みなさまに覚えておいていただきたいのは、
きちんとした脱走防止対策をとらなければ猫は脱走する可能性があるということです。

大切な家族を迷子にさせたくなければ、
常に色々なケースを想定して防止策に努めなければなりません。

迷い猫捜索応援団では、迷子にしてしまったときの捜索のサポートをするのはもちろんですが、
迷子にさせないための対策も紹介しています。
愛猫を迷子になんてさせちゃ本当はいけないんです。

これまで250件以上もの迷い猫事例を紹介してきましたが、
そのほとんどが、飼い主さまがあともう少し気を付けていれば防げていたはずの迷子でした。
1号も、またその他の団員のほとんどが、愛猫を迷子にしてしまった馬鹿な飼い主なので、
自戒の意味を込めて言います。
飼い主が十分に気を付ければ、大切な愛猫が迷子になんてなることはないのです。

経験者だからこそ、まだ経験していないみなさんに伝えたい。
愛猫が迷子になると本当に大変だし、死ぬほどつらい思いをします。
だからこそ、
迷子にさせないよう、きちんと防止策を講じておかなければならないのです
みなさんには、あんなつらい思いをさせたくない、
だから、何度でも何度でも何度でも、言います!
脱走防止対策をとらなければ、あなたの大切な家族が迷子になる日がいつかやってきますよ。
それが嫌ならば、それは避けたいのであれば、今すぐにでも万全の脱走防止対策をとって下さいね。



あ、そうだ。
以前こちらで紹介したチワワの補助錠。


買ってみたんですよ。2つほど。
んで、どうだったかと言いますと、

うーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーん、
微妙?

何がどう微妙かと言いますと、商品説明にあるように、
チワワ部分がとれるようになってるんですよ。

30

つーか、とれるようになっているというか、
付けた状態にしても、常にグラグラしていてしっかりとはまらないんです。
カチッてはまらないんです。
常にチワワが何か不安定で、2つ買ったうちの1つはチワワどっかに行っちゃいましたよw

大体、どうして取れるようになっているのかイマイチ謎で、
チワワなくても指で回して開閉できるんですよね。
商品説明には「チワワを取り外せばロックもできます」って書いてあるけれど、
いや、マジで全然できませんから
チワワなくなったけれど、開閉に不便してませんからw

まあ、チワワが旅立っても補助錠としては使えているのでいいんですけれど、
じゃあ果たしてチワワ付きを買う必要があったのか・・・・・・?
朝まで考えても答えは出そうにありません。


では、今日はこの辺で。
また明日、脱走防止対策の実例を紹介できるんじゃないかと思っていま〜す。
ジャマタネッ!


2012年5月12日 (土)

【脱走防止対策実例集!】玄関からの脱走対策集めてみました♪【アイデア色々!】

こんにちは〜! 1号です〜!

やっと週末になりましたね〜。
もう1号クッタクタですよ。
あまりにクッタクタすぎるので、酢でも飲み始めようかと思っています。
もう相当前ですが、毎日もろみ酢を飲んでいたんです。
が、ある日新しいもろみ酢を開けようともろみ酢の箱を手に取ったところ、
箱が手の中からツルリと滑ってそのまま床に落下してしまったんです。
当然のことながら、もろみ酢の瓶が割れて床中もろみ酢まみれになりました。
慌てて拭いたけれど、しばらくは台所中が酸っぱい匂いで充満していました。
母ちゃんには文句言われるし・・・・・・。
それ以来飲むのやめちゃったんですよね・・・・・・。
でもまた始めようかなあ。

というわけで、今回新しく【脱走防止対策】カテゴリーを設けました!
ブログの左側にあるカテゴリー一覧から【脱走防止対策】を選んでポッチリしていただくと、
これまでに掲載した脱走防止対策に関する記事をご覧いただけます!
ぜひ参考にして下さいね★

さて、今回は応援団の仲間から送ってもらった脱走防止対策の実例を紹介します。

以前ご紹介致しましたが、我が家では玄関の三和土に下りられないようにベビーガードを設置しています。
応援団の仲間にどんな玄関からの脱走防止対策をしているかを尋ねてみたところ、
三和土どころか、そもそも玄関ホールにも行かさないようにしてるぜ!という意見が寄せられました。

なるほどー。
確かに、別に玄関ホールに行く必要はありませんもんね。
我が家は、猫たちが大半の時間を過ごす2階のリビングに扉がないので、
玄関ホールに来ないようにすることは構造上できません。
が、構造上可能なら、玄関ホールにまで来られないようにする方が、より安心ですよね。

では、さっそくご覧いただきましょう!

①欄間からの脱走を防ぐためにこんなんしてます〜

Photo

はい出ました、お馴染みのワイヤーネットです。
うちの猫は意外に愚鈍なのでこんな高いところを乗り越える気力も勇気もないのですが、
こちらのお宅の猫ちゃんは非常にアグレッシブなようで、
欄間を乗り越えようとするんですって。
なんという脱獄王・・・・・!

というわけで、ワイヤーネットを使って欄間を閉じてしまったそうです。

Photo_2


ワイヤーネット最強!

どうやって設置しているのか、接合部分を見てみましょう!


Photo_3


Photo_4

接合部分は意外にシンプルです。
これなら簡単にできますよね!
欄間からの脱走が危ぶまれるという方、ぜひ真似してみて下さいね!





②玄関ホールに出られないように、引き戸にお手製の引き戸をつけちゃったぜ!


Photo_5

これ、分かりますか?
こちらのお宅では、この玄関ホールと台所の境にこの引き戸があるのですが、
引き戸を勝手に開けても大丈夫なように、ワイヤーネットと板を使ってお手製の引き戸を追加したんです。
写真の手前が玄関ホールになるので、
お出掛けの際には、突っ張り棒を設置して絶対に開けられないようにしてしまうんだそうです。


Photo_6

これは作成に技術を必要としそうなので誰でも簡単に!というわけにはいきませんが、
こんなアイデアもあるんだということを知っていただければいいかなと思います。
みんな、色々と工夫してるんだよ〜!




③ドアノブを勝手に開けようなんて通用しないぜ!

最後は、これも目からウロコのアイデアです。
玄関ホールに行くには片開き戸を通過しなければならないお宅なんですが、
レバータイプのドアノブだと猫ってジャンプしてぶら下がって開けちゃいますよね。
うちの銀仁朗も、重い防音扉のノブを開けてしまいます。
あんな小さい身体でどうやって・・・・・と思うのですが、
部屋の中にいるとダーン!ダーン!という音と振動がして、
その後、ギギギギギギギギギ・・・・・・という音とともに扉がスゥッと開くんです。
いや、マジでホラーですよ!

で、レバータイプのノブを猫が開けてしまうのを防ぐために、
こうしたんだそうです!

Photo_7

写真だけじゃ分かりにくいと思うので説明を加えますと、
元々は上から下に下げて開けるノブを、下から上に上げるように改造したんだそうです。
それが簡単にできるものなのかちょっと分からないのですが、
ナイスアイデアですよね〜。
我が家でもやってみようかなあ。

DIYが得意なご主人がいるとチャチャッとできちゃうのかもしれませんが、
うちの2号はDIYも得意じゃないし、電化製品の接続もすべて1号に任せるような乙女男子★なので、
1号がやることになるんだろうなあ・・・・・・・。





というわけで本日は脱走防止対策の実例を3つご紹介しました!
また他にもご紹介できると思います。


脱走防止対策はやってもやってもやり過ぎることはない!
愛猫を迷子にするかしないかは、飼い主さまの心掛け次第!

以上よろしくお願いします!

では、ジャマタネッ!

2012年4月14日 (土)

【賃貸物件でも安心★】玄関からの脱走対策! 突っ張り棒を活用しま〜す!

こんばんはー! 今日は雨の土曜日、1号でございます。

さてさて、先日我が家の脱走対策をご紹介致しましたが、
ご覧いただけましたでしょうか。
最近、しつこくブログで脱走対策について言及しているのは、
これから秋まで、玄関や窓からの脱走が確実に増加すると見込まれているからです。

花粉の季節が終わり、気温が上がってくれば窓を開けたくなる、
それは当然のことでしょう。
1号も窓を開けて部屋に風を入れるの、大好きですヽ(´▽`)/
だがしかし、しっかりと窓を閉め鍵を掛けていた冬に比べると、
人間の気持ちも緩みがちになってきます。
そのため、玄関の閉め忘れ、窓の閉め忘れによる脱走、
あるいは網戸をお猫さまが自力で開けての脱走が増えてくるのです。

追々、窓からの脱走対策も特集していきますが、
まずは玄関からのすり抜け脱走防止策について先に紹介しちゃいたいと思います〜!


我が家の玄関からのすり抜け脱走防止策、
ベビーガードを釘で壁に取り付けているので、賃貸物件にお住まいの方は「こんなんできるか、ドアホ!」と思われたかと思います。

ベビーガードでも釘を使わずに設置できる突っ張りタイプは販売されています。
↓これとか

↓これなんかがそうみたいです。

あ、いずれも実際に使ったことはないので、
購入される場合は取り付け方法などご自身でご確認下さいね。

ただ、ベビーガードだとやっぱり高さが足りなくて、結局高さを増すために手を加えなければいけないですよね。
というわけで、今回は、自身で工夫して脱走防止扉を作った実例をご紹介したいと思います。

まさにDIY!!

画像を送ってくれたのは迷い猫捜索応援団の団員です。

では、まずは全体像からいきましょう〜!

Photo

どうすか、なかなか立派じゃないですか?

このお手製扉、当然のことながらちゃんと開閉できるんですよ〜。
開閉できないと人間も出入りできませんもんね〜。

Photo_2

マーヴェラス! お手製とは思えない出来映えですよね?
どうです? これだったら作れそうって思えてきましたか??

では、どうやって作ったのか、簡単ではありますがご紹介したいと思います♪

用意するのは、突っ張り棒とワイヤーネット
突っ張り棒と言っても、床から天井までしっかりと突っ張る必要があるので、
安かろう悪かろう商品ではなく、ある程度のお値段のものを用意した方がいいようです。
このお手製扉を作ったお宅では、↓こういった間仕切りとして使われるパーテーションについている突っ張り棒を流用したんだそうです。

まあ、それなりのお値段はしますよね。仕方ナス。
パーテーションの突っ張り棒をこんな感じで突っ張って設置します。
もちろん、突っ張り棒だけを単独で買っても構いません。

Photo_3

で、突っ張り棒にペットサークルを作るために販売されているワイヤーネットを付けます。
↓こちらの商品は「ジョイントサークル」という名前のようです。

ワイヤーネットは、編み目が細かい正方形のものだとスパイダーマンのように登ってしまうので
写真にあるような、縦長長方形タイプがいいと思います。
んで、どうやって突っ張り棒にワイヤーネットを付けるかというと、

Photo_5

これは、よくカーテン売り場に売っている輪っかです。
突っ張り棒にカフェカーテンを付けるときなんかに使いますよね。
1号もニトリで購入したことがありますが、100均でも売っています。
単語帳に使う輪っかでもいいかな!と一瞬思いましたが、
あれは簡単に外れてしまうのでダメですね。使わないで下さい。

で、このドア、当然のことながら猫が押しても開閉できないようになっています。
突っ張り棒にワイヤーネットを取り付けるだけだったら、
西部劇でよくでてくる酒場の入り口のドアと変わりません。
猫が押したら開いてしまいます。

じゃあ、どうするのか?
1号はこの後の画像を見て、感動しました。
成歩堂、いや、なるほどおおお!と思いました。

ジャーン!

Photo_6

これはカーテンのタッセルを掛けたり、
あるいはちょっとしたものを引っかけておくフックです。
100均でいくらでも売っています。
もちろん、もっとお高いものもホームセンターで売っています。
これにちょっとワイヤーネットを持ち上げて引っかければ・・・・・・・
モウネコチャンニハアケラレナイヨー!

すごーい! いや、すごいアイデアですよね〜!
いやはや、みなさま色々考えている。
っていうか、これぐらいやらないと「完全」室内飼いなんて無理だってことですよね。



その他にも団員から面白い実例集が寄せられています。
が、今日はもうパソコン打ちすぎて右手が動きません!
明日・・・・・・多分、明日・・・・・・・照会致します・・・・・・多分・・・・・・・・バタッ!

ジャマタネッ!

あ(むくり!)
今回、始めてブログにアフィリエイトを導入させていただきました。
迷い猫捜索応援団、完全ボランティアグループではありますが、
そうは言っても何かと活動資金が必要です。
今後正式にサイトを立ち上げることになるとサーバのレンタル代も掛かりますし、
捕獲器のレンタルをする際には送料も必要です。
アフィリエイトで得た収入は活動費として使わせていただきますので、
どうかご理解下さいませ。
よろしくお願いします!

2012年4月 6日 (金)

【玄関からの脱走対策!】うちのベビーガード、こんなんなりました〜(´ω`)

はいはーい、ちょっぴり太めの女の子・1号ですよ〜!

今日はみなさまに我が家の脱走対策をお見せしま〜す!

えっ? また脱走対策かよ、しつけえババアだなあだって?

ああそうさ、ババアだししつけえさ!
でも、言い続けますよ、脱走対策をしないで完全室内飼いはならず。
脱走対策せずして迷子を防げるだろうか、いや防げない!!!!

前にも書いたと思いますが、
玄関からのすり抜け脱走多いんです。
完全室内飼いのお猫さまが迷子になってしまうケースの大半がそうと言ってもいいかもしれません。
飼い主さまが外から帰って玄関のドアを開けた瞬間に飛び出すケースもあれば、
宅配便などに飼い主さまが対応している一瞬の隙に足元をすり抜けていくケースもあります。
いずれにしろ、

すり抜けようとするお猫さまを捕まえようなんて人間の思い上がりだ

そう思って下さい。
本当に一瞬の隙を突いて、ウナギ犬のようにぬるりとすり抜けて行きますから!

玄関からのすり抜け脱走を防ぐにはどうすればいいか。
簡単です。
お猫さまが三和土に下りないようにすればいいのです。
三和土に下りなければ玄関ドアからすり抜けられるはずもない。
とっても簡単なお話です。

では、三和土に下りないようにするにはどうすればいいのか。
みなさん色々工夫されていると思いますが、
以前にも紹介しましたように、我が家ではベビーガードをつけています。
うちがつけているのは、リッチェル社の「木のバリアフリーゲート」

41t51grxhpl_sl500_aa300_

これ、もともと廊下とか階段上につけるようにできているので、
間口120cmまでしか対応していないんです。
が、うちの玄関は幅が130cmあるので、
ちょっと無理して幅を広げて使っています。
そのため、若干不安定な状態です。
さらに、すくすくとそして美しく成長した銀仁朗が飛び越えるようになってしまったので、
高さを増すために段ボールと100均で買って家にあったガーデニング用の柵(?)をつけて、
こんな状態になっております。

Dscf2869


・・・・・・さすがにないよな・・・・・・。
しかも、針金で固定した段ボールが段々傾いてきて、
こないだとうとうツトムくんがあっさり飛び越えていました。
いかん、これはいかん!
こういう穴が迷子につながるんだ!

というわけで、
ダイソーで材料を調達して、補強してみました。

こんな感じ〜!


Dscf2871


新たに買ったガーデニング用の柵(? なんて名前?)をつけて段ボールなんてポーイッ!
柵は、長さがちょっと合わなかったので、ノコギリで切って調整。
ベビーガードには、ガーデニング用の結束バンドで固定。

Dscf2872


どう〜?
かなり見た目よくなったし、これだったら飛び越えられないでしょ〜?
今回の補強に掛かったのは400円
たった400円で迷子の可能性を限りなく0にできるなら安いもんでしょ〜?

他にも玄関からの脱走対策の実例を今後紹介していきたいと考えているので、
楽しみにしていて下さいね。
っていうか、
楽しみにしている暇があったら、脱走対策実行しろよ?

ちなみに、我が家は近日中に大工さんに頼んで、きちんとしたゲートを付けてもらう予定です。
完成したらまた紹介しますね。


では、みなさん、脱走対策に命を賭けて下さいね〜!
ジャマタネッ!

2011年7月10日 (日)

【股も気もゆるみがちな夏だから】お猫さまの脱走対策【安くて早くて安心ね】

はい、こんばんはー。

飽きもせずロールスクリーンの紐と戦い続ける銀仁朗を見つつ、
人生の儚さを思う管理人でございます。

さて、本題。
いつも前置きが長いから、今回はとっとと本題!


本ブログでは、お猫さまが迷子になった際のお手伝いをすることを目的に開設しましたが、
お猫さまが迷子にならないようにする、迷子ゼロを目指す、
そちらの方が大切だと思います。

今年の夏もどうやら暑さが厳しそうで、
しかも、電力不足とか言ってるから、どうしても窓を開けて風を入れたくなってしまいます。

が、油断するんじゃないよ!

猫は網戸なんて簡単に開けちゃうんだよ!

網戸を開ける犬ってあまり聞いたことないですけど、
猫は結構簡単に引き戸ならば開けてしまいます。
うちの実家のお猫さまは、重い引き戸も開けてしまいます。

仮に、網戸を開けないにしても、
網戸を破って逃走!なんてケースもあります。
管理人が以前聞いたケースでは、重たい荷物を知人と家に運び入れていたら、
それに驚いたお猫さまが網戸に突進し、網戸ごと外れて逃走していったというのもありました。

網戸を過信しちゃいかんのだよ!

我が家のサチフクは、外に出たいという欲求は特になく、網戸を開けるなんて器用な真似もできないのですが、
銀仁朗も増えたし、やはり一度フクちゃんが迷子になっているので、
念には念を入れて脱走防止策を講じました。
皆さんも参考にして下さい。

用意するのは、
ダイソーのワイヤーネット

Photo

ダイソーのワイヤーネット専用ジョイント

Photo_2

電気コードなんかをまとめるための結束バンド(これも100均で購入できます)

0000000000168483_1

あとは突っ張り棒(細めのもの)今回はニトリで購入しました★

Photo_3

基本的にこの4つがあれば大丈夫です。
ほとんど100均で揃えられるという、実にリーズナブルなお話です。

さて、我が家の窓はすべてYKK APの窓です。
ハイ、そうです。猫ちゃんの出てくるCMに惹かれてYKKにしました。

しかも、外を見るのが好きなフクちゃんのために、いっぱい窓をつけたら、
窓が多すぎる家になって、家具を置く場所がなくなったという・・・・・!

窓が多い=逃走経路が多いということなので、気を付けなければいけません。
ただ、うちの構造はちょっと変わっていて、
一階は一部屋しかなく、その部屋には掃き出し窓もついていません。
キッチンもお風呂も全部二階にあるので、そういう点では脱走する心配はすくなめかもしれません。

ま、実際脱走されて大変だったんだけどな★

どうして脱走されたのか、どうして保護できたのか、そのお話もいつかしなきゃとは思っていますが、
とりあえず、今日は我が家の脱走対策の報告をしたいと思います。

うちにある窓のほとんどが上げ下げ窓です。

Hokusei_jxu07411jsv

この上げ下げ窓、猫には絶対に開けられないし、網戸も簡単には外れません。
そういう点では、かなり安全な窓なんですが、
やはり網戸を突き破る可能性は否定できない。
そこで、こんな感じにしてみました (・∀・)

15

ちょうど窓のサイズに合うように、ワイヤーネットをジョイントでつなげました。
ダイソーのワイヤーネットは、サイズが比較的豊富なのでありがたいです。

ジョイントをあんまりたくさんつけるとうるさいので、
結束バンドで補強。

16

そして、さらに結束バンドを使って、網戸の取っ手部分とワイヤーネットをつなげました。

17

これで終わりです★

つまり、網戸の手前にワイヤーネットを貼り付けることで、
網戸に直接触れないようにしたのです!
網戸を上に上げれば、ワイヤーネットも一緒に上がります。
窓の開閉には何の支障もありません!

簡単でしょ〜( ^ω^ )

うちには、引き違いの窓もあるので、その場合はこんな感じにしました。
18

引き違い窓の網戸の場合、上げ下げ窓の網戸のような取っ手がないので、
固定するために突っ張り棒を上部につけました。
見えますか???
もちろん、こうすると片側の窓は開かなくなってしまいます。
その点はまあ仕方がないかなと。
出入りする窓でもないので、特に問題はありません。

引き違い窓の桟には、水を流すための穴があるので、
下部はその部分をつかって結束バンドで固定しました。

19

掃除してないから、汚くてごめんね〜!

2階のベランダに続く掃き出し窓も同じ感じで。

20

えっ、これじゃベランダに出られないじゃない!と思ったあなた、ご安心下さい!

さっきも言ったでしょう!
我が家は窓が多すぎるんです!
ベランダに出るための掃き出し窓が、なぜか4ヶ所もあるんです! 
今回は、4ヶ所中2ヶ所にワイヤーネットを設置しました。

出入りをすることを考えれば、もう少しワイヤーネットを低めに作ってもいいでしょうね。
飛び越えられる高さだとしても、
ワイヤーネットを飛び越え→網戸を突き破り→ベランダから下に降りる
という三段階を突破しなければ逃走できないわけで、
そこに至るまでに、音で気付けるかなと思います。

あ、ちなみに管理人は、夫からイヤフォンで音楽を聴くなと言い付けられています!

なぜなら、お猫さまが不測の事態でお外に出るようなことがあったとき、
その音を聞き逃すからです!
イヤフォンでガンガン音楽を聴けるのは、夫が家にいるときぐらいです!

お風呂場もこんな感じ。
Photo_4

これで安心してお風呂場の窓を全開にすることができるようになりました!

いかがでしょうか?
100均で揃えた割に、そんなに安っぽくないですよね? ね? ね???

どれぐらい耐久性があるのか、まだちょっと分かりません。
ただ、今回全部揃えるのに4000円程度しか掛からなかったので、
錆びたりしてきたら、全部交換してもいいかなと思っています。
2年に1回くらいのペースで。

ただ、気を付けていただきたいのは、
このワイヤーネットを使った脱走防止策は、防犯対策には何の意味もありません!

また、留守中にどんなことが起こるか分からないので、
やはり就寝中や留守中は、網戸にして出かけるのは避けた方がいいと思います。

今回は、以上窓からの脱走対策についてお届けしました。

ジャマタネッ!

無料ブログはココログ