2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

リンクバナー

  • 迷い猫捜索応援団

管理人宅のお猫さま

2012年9月 3日 (月)

【御用だ!御用だ!】真夜中の大捕物★ 声はすれども姿は見えず・・・・その正体は?!

こんにちは、1号です!




いやあああああああああああ、大変でしたわー!

いやね、金曜日、2号と歩いていたら財布を拾ったんですわ。
んで、そのことをブログに書こう〜(´∀`)って思ってたら、
土曜日にもっと大変なことが起こったんですよ!

というわけで、財布のことは書きません。
ハイハイ、ちゃんと交番に届けてありますよ!
市民としての務めはちゃんと果たしてあるので、
財布のことはもう忘れて下さい!




で、土曜日に何があったかというと・・・・・・・!



土曜日、1号はある飲み会に参加したんですよ。
飲み会と言っても、故人を偲ぶ会だったので、
そんなにアッヒャーボヘエエエエッ!となるような会ではありませんでした。

2号の体調が悪いので1次会だけで帰宅。
ほろ酔い気分で帰宅したら、自宅の前に実兄の車(ハイエース)が駐まっている・・・・・・
隣接する母親のところに来たのか〜、へえ〜と思って家に入ろうとしたら、



ミャウミャウミャウミャウ・・・・・・!


Σ(゚Д゚) なんぞ!?



声はいったん止んだものの、家に入ろうとするとまたミャウミャウ聞こえる・・・・・・・

聞いたこともない猫の声、しかもこれはかなりまだ生後1年に満たない猫の声・・・・・・
兄が車に猫でも載せてるのかな?と思い、
母宅に向かって聞いたところ、

「そうなのよー、夕方からずっと鳴いてて、
(兄)とも捜したんだけど、お隣の庭の植え込みに隠れてて姿が見えないのよ〜」



そうか・・・・姿が見えないんじゃどうしようもない、
とりあえず、カリカリパウダーを作成して家の周りに撒いておこう
そうすれば遠くには行かないからそのうち保護できるじゃろう・・・・
そう思って、いったん家の中に入り、カリカリパウダーを作成。
フープロのボウルごと外に持って出たら、

またしても

ミャウミャウミャウミャウ・・・・



ぬん・・・・・近いっ!

1号は生まれつきちょっと耳だか脳だかが悪くて、
音が聞こえてくる方向をうまく把握することができないのですが、
今回は確かに聞こえた・・・・・・ハイエースの中から鳴いている!

慌てて母宅に行き、兄に「あんたの車のエンジンルームや!」と伝えたところ、
「まじかー('A`)」と言いながら外へ、
この段階で雨が降り出し、どんどん雨足が強くなってきた・・・・・・。



一人でも人手が多い方がいいと、
2号を慌てて呼びに行き救出作業開始。
兄が言うには、ハイエースのエンジンルームには車の下側からアクセスする方法と、
前列座席を取り外してアクセスする方法の2種類があるとのこと。
どっちから攻める?と相談したところ、
そりゃ両方からだろうとのこと、
じゃあ、誰が下に潜るの?と尋ねたところ、
兄の目も2号の目も「そりゃお前だろう」と言っている!



ハイハイ、そうですよ、あたしゃチビですよ、短躯ですよ('A`)


下に潜るとなれば3000円で買ったオサレワンピースを着ているわけにはいきません。
兄にジャッキで車体を上げておくように頼み、
そのすきに1号めはボンバーマンTシャツとスポーツ用のハーフパンツという実に素敵な装備に着替えました。



着替えて戻ったら車体が上げられていたので、さっそく車体下に潜入。

車の車体下って何でこんなグチャグチャなんですかねえ!

ぜんぜん洗練されたデザインでも何でもないんですよ。
グッドデザイン賞とか受賞してる車でももうグッチャグチャ。
何がなにやらさっぱり分かりませんよ!

それでも、必死に体をズラし視点を変えて捜しました。
ジャッキで車体上げてるっていっても、上がったのは数十センチ。
そんな自由に体を動かせるレベルじゃござんせん。

必死に捜し続けるものの、まったく姿は確認できず。
兄は「エンジンルームじゃないんじゃないの〜?」と言い始めたのですが、
そう言った途端にミャウ!



いる・・・・・間違いなくいるよ、明智くん!

その間に雨はまさにバケツをひっくり返した状態に。
車の下にいるって言っても、路上を滝のように雨水が流れてくるので、
もうビッチョビチョ。
あ、屋根付きのガレージとかに駐めてたんじゃないですよ。
屋根のない路上に駐めてたんですからね!



会話も困難になるほどの大雨の中捜索を続けたところ、
「いたーーーー」
兄の声です。
マジで?! と慌てて車体の下から出ようとしましたが、
出るだけでも大変です。
よく整備工とか墨東工業の人なんかが使っている車輪のついた板に乗ってるわけじゃないので、
尺取り虫の如く体をうねらせて何とか脱出。
助手席の下辺りにいるというので懐中電灯で照らしてみたものの、
???いないやん?

「いや、いるって、真下、この真下!」という兄のことばに
間下このみちゃんを思い出しながら必死に目をこらしてみると、
ハイハイハイ、いましたいました!
いたっていうか、何だかグレーの毛のかたまりが見えます。

見えるといっても5センチ四方ぐらいしか見えません。
とりあえず場所が分かったので、あとは何とか引きずり出すだけなのですが、
だからもうエンジンルームグッチャグチャなんですよ!

どこからも手を入れることもできない。
とりあえず突いてみるものの動かない。
どうすんの、マジでどうすんの?!とやっていたら、動いた!
ターゲットは後部座席方向に向かっていきます。
いかん! 逃がしてはいかん!
あわててまた車体下に潜ります。
ちなみに、この間ずっと2号は下から逃げないように車体下をしゃがんで監視しています。



車体下に潜って見ていたら・・・・・・

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜(n‘∀‘)η゚・*:.。..。.:*・゜゚・* !!!!!

ついにご対面!

うおおお、思っていた以上に小さいです。
生後2ヶ月といったところの、ベイビーちゃんです!

完全に顔が見えましたが、手は入らない!
あと15センチというところまでやってきてくれたけれど、
どうしたって手が届かない!

そうこうしている間にグッチャグチャの機械のすき間に隠れてしまい、
まったく姿が見えなくなりました・・・・・・・・南無三!



それから数十分、潜伏場所が分からない状況が続き、
その間、呼べば応えるかと猫の鳴き真似を「ニャオーン」とすると、

兄「Σ(゚Д゚) 今鳴いた!」

1号「私です・・・・・」

兄「.∵・(゚ε゚ )ブッ!!」

というどうでもいい兄妹コントを何度か繰り返しました。


その後、バンパーを外したりすったもんだやっていたら、
再び座席下にいるのを見つけられました!
今度は顔をこちらに向けています。
というか、もう指を伸ばせば顔に手が届く位置にいます!

指を近づけるとクンクンするものの、
一丁前に「シャッ!」と威嚇してきます。
全然恐くないけどね〜(´∀`*)

指で触れることはできるけれども、
手を入れることもできないし、猫を取り出せるすき間もない。
姿も顔も見えるけれど、近付くことはできない・・・・・・



嗚呼、やっと貫一お宮の気持ちが分かりましたよ・・・・・!



で、専門的なことはまったく分からないのですが、
車体下にはめてあるプレートのようなものの上に載っているので、
それを外せばいいだろうということになり、
兄が工具を持ってきてネジを回し始めたのですが・・・・・・
素人が持ってる工具じゃなかなか外れない!

そして、そんなこんなしている間にまた動き始めた・・・・・
3センチほどのすき間から必死に足をつかんでいたのですが、
無念・・・・・また後部座席方面に行ってしまいました・・・・・・。




あい、再び潜ります・・・・・。
潜っても姿は見えず。
すでに1時間以上経過しているので、疲労も困憊です・・・・・
ここは思い切って視点を変えてみようかなとより奥に潜り込んでみたら・・・・・・・



キタワァ*・゜゚・*:.。..。.:*・゜(n‘∀‘)η゚・*:.。..。.:*・゜゚・* !!!!!



います、めっちゃいます!
またしても手を入れることはできませんが、
今までで一番ハッキリと姿を確認できます。

もうこのチャンスを逃したらそろそろ死人が出てもおかしくないレベルと、
突っ張り棒で猫をツンツンして、兄のいる側に追い込むことに!



つんつんつんつん・・・・・・


つんつんつんつん・・・・・・・!


少しずつ前へ前へと移動していきます。


つんつんつんつん・・・・・・・つんつんつんつん・・・・・・・!


1号の視界から猫が消えていきます・・・・・


「捕まえたああああ!」




兄の声がします。
暴れて逃げるんじゃないかと、
「洗濯ネット要る?!」と車の下から叫んだところ、
「全然必要ない〜。ちっちぇ〜」との返事。
1号も慌てて車体の下から尺取り虫になって脱出しました。
その頃には雨も上がり、きれいな星空が広がっていました。





というわけで、
大の大人3人がずぶ濡れになって保護した子猫ちゃんはこちらです!


31


Photo_2

かわええでしょー!?

いったいどこから来たのか分かりませんが、
恐らく野良猫の子で、お母ちゃんとはぐれてしまったのでしょう。
まだ小さいので確実なことは言えませんが、
おそらく女の子
ものすごくおてんばで、
抱っこをするとグルグルグルグル甘えてきます。
かわいい・・・・・・・実にかわいい!

ミルクをあげるとものすごい勢いで飲みます。
お腹空いてたんだねえ・・・・・。・゚・(ノД`)・゚・。



ケージに入れたら出して出してと大騒ぎします。

Photo_5

かと思ったら、疲れ切ってトイレの中で爆睡・・・・・!

Photo_6



人なつっこくて本当にかわいい子なんですが、
さてどうしようかと家族会議。
ここまで苦労して保護した子だし、飼ってあげたい気持ちはあったのですが、
5匹目となると慎重に判断しなければなりません・・・・・・。
それに、今の我が家の家族構成だと、女の子よりも男の子の方がうまくいくようにも思います。



それに、
1号の車、母ちゃんの車、兄の車と3台並んでいて、
この子が入り込んだのは兄の車です。
どう考えても選ばれたのは兄です。

兄に

「あんたが選ばれたんだから、連れて帰って里親さがしてよ」

と、「プラダを着た悪魔」のメリル・ストリープばりの威圧感で言ったところ、

「あー、うん、分かった・・・・・・何とかなると思う」
とのこと。



あんまり長居すると情が沸いて別れがつらくなるので、
後ろ髪引かれつつも母宅を後にしました・・・・・・。



その後里親が見つかったのか、まだ兄からは連絡はありませんが、
きっといい里親さんを見つけてくれると思います。
もし見つからなかったら私も里親探しを手伝うと言ってあるので、
その際は迷い猫捜索応援団ブログを使って里親探しをしたいと思います。





いやあああ、大変だったって分かるでしょ?!
翌朝は4時間ぐらいしか寝ていない状態で出掛けたので、
総武線でよだれダラッダラ垂らしながら寝ましたよ

自分で言うのも何ですが、
あの子は本当に運の強い子だと思います。
私があの時間に帰ってこなければ声に気付くこともなかったし、
声が気付かれていなければ、兄がそのまま車を出していた可能性
もあるのです。

もしも気付かずに車を出していたら・・・・・
もしかしたら命を失うような事故に遭っていたかもしれません。
エンジンルームに猫が入り込むことがあるとは聞いていましたが、
まさか自分の身に起こるとは・・・・・・・・・・!

Twitterのフォロワーさんに
「よりによって迷い猫捜索応援団の車に入り込むとは、引きの強い子だ」
といわれましたが、確かにそうですねw
選ばれたとしか思えません!




という土曜日の出来事でした!
本当は保護アンケートのマクラに書こうと思っていたのですが、
すっごく長くなってしまったので、今回は保護アンケートはお休み!
また明日ね〜!
ジャマタネッ!

2012年7月21日 (土)

【まことに私事ではありますが】我が家の犬が天寿を全うしました。

こんばんは、1号です。

書こうかどうしようか迷ったのですが、
やはりお伝えしておこうと思います。

以前もこのブログで紹介したうちの実家の犬・うーやんが、死んじゃいました。

変性性脊髄症という病気に罹って3年。
罹患してから3年が寿命だと言われていましたが、
本当に3年目、いきなり死んじゃいました。
14歳と5ヶ月。
陽気でお人好しで優しいとてもいい子でした。

車椅子を購入して1年。
ここ数ヶ月は前足にも麻痺が来始めていて、
車椅子を使って歩くことも困難になっていました。
母は一日に何回も車に乗せて公園まで連れて行き、
トイレをさせていました。
それでも家で漏らしてしまうこともしょっちゅうで、
しかも漏らした上に転んでしまうので、
介護はかなり大変だったようです。

14年前、わが家に来てまだ数ヶ月の頃、
生まれつきの心臓疾患があると判明し、
「何この犬死ぬの・・・・・・?」と家族全員をどん引きにさせたうーやんですが、
心臓にカテーテルを入れる手術を経て、
14年間我が家の一員でいてくれました。

人間のことも、猫のことも大好きな子で、
誰からもとてもかわいがってもらいました。
ここ数ヶ月は、恐らくあちこち体もきつかったと思います。
でも、最後はとても静かに、眠りながら一生を終えました。
呼吸器官に麻痺が来る可能性があると言われていたので、
苦しまないで死ねたのは不幸中の幸いだったと思っています。

今回、初めてペット用の火葬場で荼毘に付しました。
お骨は、うーやんが毎年夏に旅行に行っていた長野の山に埋めると母が言っていました。
まだ足が不自由になる前、たくさん歩いた山です。

ペットと暮らしているとつらい別れから逃れることはできません。
でも、それはたくさんの思い出をもらったからだとも思います。
母が、兄にうーやんの死を知らせたところ、
奇しくも、兄のところの猫も1週間前に死んでしまったそうです。
つらい別れが続きます。




みなさまの大切な家族が、みなさまの元で天国に旅立てますよう、
迷子になった子がみんな無事に戻ってきますよう、心から祈っています。


Photo


2012年3月23日 (金)

【祝・1歳】銀仁朗くんが1歳になりました〜!【この1年を振り返ってみよう】

おはようございます〜! 1号です〜!

少しずつ春めいてきましたね〜!
みなさん、桜餅食べてますか〜?
そんなこんなで、



今日は何の日、フッフー!



今日は我が家の末っ子・銀仁朗(正式名・炭谷銀仁朗)くんの1歳のお誕生日ですううううううう!

パチパチパチパチパチパチパチパチパチ・・・・・・・・!


早いもんですねえ、あの銀仁朗くんももう1歳ですよ。
病気もせず本当にすくすくと育ってくれました。
それに、1号の人生計画には「息子がイケメン」という予定はまったくなかったので
嬉しいやら恥ずかしいやら、もう困っちゃいますよマジで!!!

応援団の公式ブログを私用に使うなと言われても、もう止まりません。
今日は銀仁朗くんが我が家に来てからの日々を振り返りたいと思います。


え? 必要ない?


うるさいなあ、振り返りたいときもあるんだよ!
珍しく振り返る気になってるんだから、ほっといて!



では、始めたいと思います。

銀仁朗くんが生まれたのは2011年3月23日
残念ながら生まれてすぐの写真はありません。
さぞや、さぞや可愛かっただろうに・・・・・・。

我が家にある銀仁朗くんの一番小さい頃の写真はこちら。

6

まだ近所のペットショップの店頭にいた頃の写真です。
このころはまだ、うちの子になるなんて思ってもみませんでした。



その後、色々なタイミングが合って我が家の末っ子になりました。
先住のサチフクとうまくやってくれるかが一番の心配ごとでしたが、
別の部屋に隔離していたのはほんの数日、すぐに一緒に行動するようになりました。

サチフクは決してフレンドリーなタイプではないのですが、
とにかく怒るのも動くのも面倒くさいというタイプなので、
突然現れた新入りを遠巻きに見て、
近付いてきたらとりあえずエアパンチをする、という程度の対応をしていました。


これが初3ショット写真。
遠巻きに見ています。
微妙な距離感と緊張感が伝わってきます。

8_2


一緒に並んでお食事をさせてもらってる銀仁朗くん。
まだ小さいです・・・・・・・つーか、フクちゃんでけえw

14_3



この頃からすでにイケメンぶりを発揮していました。
うわあああ、かわええええええ(*´Д`*)(親馬鹿)


15



こんなにかわいい銀仁朗くんですが、
子猫のパワーは管理人が想像していた2倍、いや20倍、いや、2億4000万倍でした。

とにかく誰かに遊んでほしくてしかたがない銀仁朗くん。
しかし、先ほども言いましたが、
サチフクは動くのが面倒で仕方がないタイプなんです。

「おかあさん遊ぼうよ〜! フク先輩遊んでよ〜!」
という銀仁朗の無邪気な遊んで攻撃は、サチフクにとって迷惑でしかありませんでした。


背中に乗っかられて迷惑この上ない顔をしているサチです。

16

この頃はよくサチフクの
ギャアアアアアアアアアアアア!
という悲鳴が聞かれたものでした・・・・・・・。
あの頃は正直つらかったと思う・・・・・・よく耐えたね、サチフク・・・・・・・。



10月の頭にはツトムくんが新たに家族の仲間入りをしました。
いきなり成猫が仲間に入って大丈夫だろうか、大げんかしないだろうか・・・・・
そんな管理人の心配などよそに、二人はすぐに大の仲良しになりました。


17

ケンカしてるんじゃありません、じゃれてるんですよ〜★

ツトムくんの仲間入りはサチフクに安息をもたらしました。
あ、サチフクはツトムくん自身については正直どうでもよかったみたいです。
とにかく、怒るのも動くのも面倒くさいタイプですから。



しかし、どんなに乱暴な遊び方をしても絶対に怒らない同性の友だちの登場は、
銀仁朗のやんちゃ魂に火をつけてしまったようでした。
この頃から、銀仁朗くん、悪行の限りを尽くし始めます・・・。



家に帰ったらこんなことになっていたり・・・・・・

18

こんなことになっていたり・・・・・・

21


しかも、
すべてをツトムくんのせいにするという芸当も覚えやがりました。

19



生後8ヶ月を過ぎて、ついにあの日がやってきました。
初潮・・・・・・・ではなく、去勢手術の日です。

こーーーーーーーんなに可愛いキンタマとお別れしなければいけない、管理人にとっても断腸の思いでした・・・・・・・(シミジミ)。

Photo

管理人は、ギリギリの瞬間までその宝玉を愛で続けたのですが、
本人は意外にあっさりとしたもの、

獣医師さん、看護師さんに散々愛想を振りまいて笑顔で帰って参りました・・・・・・・。



その後もすくすくと成長し、

ときにはパン粉を食い破り・・・・・・

22

ときにはゴミ箱を漁り・・・・・・

23

ツトムくんとの友情を育み・・・・・・

24

我が家の一番手の掛かる末っ子として確乎たる地位を築いています。

手が掛かる子ですが、とても気立てが優しく分け隔てなく誰とでも接することができるので、
サチフクは銀仁朗をちょっとウザいけどかわいいやつ
と認めているようです。
特にサチは、銀仁朗を自分の子どもと思っているようで、
「美形なところがワタクシにそっくりだもの〜」
と常々言っております。

25



信じられないような悪さもするので、
手が掛かるやんちゃ坊主ではありますが、
管理人夫婦にとっても銀仁朗くんは大切な息子。
甘えん坊で1号の姿が見えないとピャーピャー鳴くところなんて、可愛くて仕方がありません。

これからの銀仁朗の人生が充実した幸せなものであるように、
わが家に来てよかった、と銀仁朗が思えるように、
できるだけのことをしていってあげたい、そう思っています。



長い間おつきあい有り難うございました。
愛猫捜索中の飼い主さまも、そうでない飼い主さまも、
皆さまの愛猫ちゃんが元気で幸せであることを、心から祈っています。

では、
ジャマタネッ!

26

2011年10月22日 (土)

【血で血を洗う日々!】銀仁朗との仁義なき闘い【死して屍拾うものナスッ!】

はいよー。モーレツ社員こと、管理人です。
げんに、この記事も電車の中で書いてますよー(´ω`)
管理人、野球観戦と仕事とお猫さまへのご奉公と野球観戦で、
めっちゃ忙しいんですよー。

でも、最近あんまりブログの更新をしていなかったことを、
管理人、心の底から反省し、
明日のプレゼンの準備をする熱血サラリーマンよろしく、
神妙な顔でこの記事を書いています!
っていうか、アホブログ書いてるんだけどねえええええええ(*´Д`)

さて、我が家に居候しているツトムくんのその後のことも書かなければいけないんですが、
その前の、以前から書こう書こうと思って書いていなかった、
管理人と銀仁朗の熾烈な攻防について書いておきたいと思いマウス。


前にも書いたと思いますが、
うちの銀仁朗くん、イケメンです。
めっちゃイケメンです!

ほれ。

6

正直、種のタブーを超えたろうか、という気持ちになるレベルです。

が、


が、しかし!

銀仁朗ったら食い意地が異様なんです、マジで!

「あら、育ち盛りだものねえ(´∀`*)」だと?


馬鹿野郎! 育ち盛りって次元を超えてんだよ!!


どこにいても、ちょっとでもカリカリの音がすると、
ものすごい勢いで駆けつけます。
早馬のごとく……!

Photo


いや、それぐらいならまだいい。
まだ「育ち盛り」で説明がつく。

だが、フライパンの中の豚キムチを盗み食いしたのは、どうだ。

素麺に入れる具を死守している間に、チュルチュルと素麺をすすっていたのは、どうだ。

食事後、台所のシンクに食器を下げて食器に水を張っておくと、その水を飲むのは、どうだ。

シンクのゴミ受けを一日に何度も漁るのは、どうだ。

キャラメルコーンの空袋をゴミ箱から引きずり出したのは、どうだ。

食用油を舐めるだけではなく、凝固剤で固めてゴミ箱に捨てた油まで舐めようとするのは、どうだ。

昨日なんて、牛肉とゴボウを煮込んでて、アクが出たからアク取りブラシでアク取りして、

4976404217701

              ※参考画像:マーナのあく取りブラシ

ブラシをシンクに置いておいたら、
そのブラシをくわえて走って逃げて行きやがったんだよ?

ありえねえええええええええ!

こないだなんて、夫(下ろす前の筆)とご機嫌で外から帰宅したら、
この惨状ッスよ?

8

グラノーラは猫のご飯じゃありませええええええええん!
開封したばかりのグラノーラ、捨てたよ、捨てたんだよ、ボク・・・・・・・(ノω・、)



叱ってます、ちゃんと叱ってますよ。
でも、全然言うこと聞かないんです。・゜・(ノД`)・゜・。
キッチンシンクに入ったら、霧吹きで水をかけてるんです。
でも、あいつ、そのときは逃げて行くけど
しつこく何度も何度も来るんです。
もうゾンビじゃないかってくらい、何度も何度も立ち上がるんです。
もうね、銀仁朗・オブ・ザ・デッドって感じなんです゚゚(´O`)°゚

霧吹きだといちおう逃げるけど、
水道の蛇口から水を出した程度じゃ、もう逃げもしないよ。
滝に打たれる修行僧みたいになって、そのままゴミ受け漁ってるよ……。

Ginjiro_syugyo

ぼく、もう疲れたよ、ママン。
Twitterのフォロワーさんいわく、
アメショーの雄の食欲はハンパじゃないそうで。
全国のアメショー男子とお暮らしになっている皆さん!
どんだけひどい目にあってますか〜!

でも、どんだけ悪さしても、イケメンだから許しちゃう。
ウルウルした目で「おねえさん、ごめんね」なんて言われると、

Ginginshining

「ギンギン、イケメンでしゅねえええええええええ!」

って許しちゃう(´ω`)
チキショー、恐るべしイケメン!


そんな銀仁朗くんですが、
ツトムくんが来てから遊び相手が出来て喜んでいます。
かれこれ、我が家にツトムくんが来てからもう3週間。
そろそろツトムくんも我が家にすっかり慣れてきました。
そんなツトムくんについては、また明日書きたいなと思いマッスル!

ジャマタネッ!


※画像編集に関してはめちゃめちゃ素人なんで、厳しいこと言っちゃイヤン!

2011年8月19日 (金)

【今回は犬好きさんも!】犬用車いすが届いたよ【オーダーメイドなんだから〜】

こんにちは〜(´ω`)

株のことなんか全然分からない癖に、ニュースを見ながら
「うわっ、また株下がったよ、やばくない?」って言うのが大好きな管理人でございます。




ハア、出ちゃいましたよ(´ω`)=3
帯状疱疹。

いや、背中に15センチぐらいのミミズ腫れが突然できて、
管理人、ムカデに刺されたとばっかり思ってたんですよ。
で、キンカンをグリグリ塗っていたんだけれど、いっこうにかゆみが治まらない。
それで、今日皮膚科に行ったら帯状疱疹だと。

そんな馬鹿なと思って、
「先生、これ虫に刺されたんじゃ・・・・・・」って言いかけたけど、
かぶせ気味に「虫じゃないわ」って言われたよ('A`)
ああ、うん、そういえばうちの近所にムカデなんていないわ(・∀・) アハハ~



さて、以前ご紹介したうちの実家のうーやんですが、
うーやんは、変性性脊髄症という病気で両脚がほぼ麻痺してしまっています。


前足を使って自力で移動はできますが、
その姿は、ちょうど映画「ジョゼと虎と魚たち」のジョゼ(starring がっかりおっぱい)みたいな感じです。
お散歩ももうずっと行けず、家の敷地内をぐるぐる回るしかできない日々が続いていました。

が!

ついにうーやん用の車いすがとどきました〜゚・*:.。..。.:*・゜ヽ( ´∀`)人(´∀` )ノ・゜゚・*:.。..。.:*


今回購入したのは、アメリカのDoggon' Wheels(ドッグオン・ウィールズ)社の車いす


ここの会社がいいのか? なぜここの車いすにしたのか?・・・・・・って聞かないで下さいね(´ω`)
今回この車いすに決めたのはうちの兄なので、
どうしてこの車いすになったのかはよく知りません。

ただ、完全オーダーメイドなので、少々お値段は張るものの体にピッタリとフィットします。
注文時に10ヶ所を採寸したサイズを提出するんです。
この採寸が少々大変で3人がかりでやりましたが、採寸さえ終わればあとはできあがるのを待つばかり。
お値段の方は、HPでご確認下さい。犬の体重によって異なります。
まあ、結構お高いですね(´ω`)
うちは兄が出してくれたので、管理人の懐は何も痛みませんでした(*´Д`*) イヒッ!



では、さっそくどんなものか紹介していきましょう〜★
犬用車いすを買おうか悩んでいる犬好きさん、とくとごらんあれです!

まずは胸当てのようなものをつけます。
Dscf2591
この胸当てには、リードをつけるフックもついているので便利。
多少肥ったり痩せたりしても、バックルで調整できるので心配ナスです。

で、これが車いすの本体。左側がお尻側になります。
中央に足を通す穴が2つ空いているのが見えますでしょうか。
ちなみに、セクシーな御み足は管理人ではなく、兄嫁です(´ω`)
Dscf2592

で、オラショーッ!と持ち上げて、先ほどの穴に足を通させます。
持ち上げているのは管理人ではなく、兄嫁です(´ω`)
Dscf2593

足を通したら、サイドに3ヶ所あるバックルで留めます。
Dscf2594

腰の部分も上からバックルで固定。
Dscf2595

これで完成です! デヘへ〜! 慣れれば2〜3分で終わります。
Dscf2596

最初うーやんは恐がっていたし、恐いせいか何故か後ろに進んでいましたが、
車いすを着けることで、今まで完全に立っていなかった足が、地面に立つようになりました。
やったねうーやん! お前大地を踏みしめてるぜ!
Dscf2597

Dscf2598

足を立たせることによってリハビリにもなるそうです。
後ろにばっかり進んでいたのも、ご飯で釣って前に進ませることに成功★

ヨシッ、うーやん! 久しぶりにお散歩にGO!だぜ!

Dscf2599

おっかなびっくり歩いていますが、やはり久しぶりのお外、うーやん嬉しそうですヽ(´▽`)/
ちなみに、車いすを着けた状態でうんちもおしっこもできます。
ただ、うーやんは女の子だからかもしれません。
男の子の場合、足を上げられないけど大丈夫かな。上げない状態でしてくれるかな?



もっと歩く練習をさせようと、ちょうど墓参りにいくところだったので、
うーやんも連れて行きました。
墓地は芝生のところが多いので、歩きやすそうです。
うーやん、だいぶ慣れてきました。

Dscf2600

後ろから見るとこんな感じです。
Dscf2603


まだまだ完全に慣れるには時間が掛かりそうですが、
またうーやんとお散歩できることになって、管理人は嬉しいです(´ω`)


うーやんは、どうして自分が歩けなくなったのかも分からないし、
寝ているときに夢を見て必死に後ろ足を動かしているので、
やっぱり走りたいんだろうなあと思っていました。
だから、今回車いすを購入したことで、うーやんの夢が叶うのであれば、
それはうーやんにとって一番の幸せなので、管理人はとても嬉しく感じます。
自分の懐、全く傷めてないしな(・∀・)


確かに安いものではありませんが、
家族として迎え入れた以上、最後まで責任を取るのが人間の役目です。


コーギーをお飼いのみなさん、コーギーがこの変性性脊髄症に罹る可能性は少なくありません。
そのときは、絶対に見捨てないで上げて下さいね。
懐痛めていない管理人が言うのもなんですが、
この病気は新しく発見されたばかりの病気で、治療法もまだ確立していません。
残された時間を幸せに過ごせるよう、できるかぎりのことをしてあげてください。




さて、死んでも墓になど入る気はさらさらなく、
鳥葬を希望している管理人ですが、
いやあ、最近の墓は実に個性的ですな。
我が家には先祖代々の墓なんてものはなく、
新しくできた小ぎれいな霊園に小さい墓を購入し、とりあえずそこにうちの父ちゃんがいます。


今回墓参りに行って、うーやんとブラブラしながら周りの墓を見ていたのですが、
なかなか皆さん墓のデザインを凝っていらっしゃる。
「××家之墓」なんて最近は書かないんですね。

たとえば、「安らかに」なんて表面に彫ってある。
うんうん、これは遺族の率直な気持ちなんでしょうね。


その他には「ありがとう」
これは遺族が故人に向かって発している言葉ともとれるし、
故人が遺族に向かって発している言葉ともとれます。
いや、それとも森羅万象全てに対する感謝の気持ちか・・・・・・・?


さらには、「酒池肉林」。
うんうん、これは故人の生前の生き様を・・・・・・・って、「酒池肉林」????Σ(゚Д゚;


どこのお方か知らないけれど、
生前出会っていたらきっと仲よくなれたであろう、そんなことをしみじみ感じた管理人でありました(´ω`)
「酒池肉林」を彫ってくれと依頼された石屋も、二度見しただろうなあ・・・・・・・。

というわけで、今日はこれで終わりでーす!
明日から寒くなるらしいので、みなさん下痢すんなよ〜!

ジャマタネッ!

2011年8月 9日 (火)

【ワタクシ酔っちゃった〜!】猫にマタタビってホント?【衝撃の痴態!】

いやはや、あっちいわ〜。
暑いを越えましたね。
さすがに食欲が失せ気味の管理人でございます。
(今日は何のひねりもない自己紹介です)



さて、今日は最初に管理人よりお詫びと訂正がございます。

昨日更新した記事内で、管理人、夫のことを「ゴボウ」にたとえたのですが、
昨晩仕事から帰宅しブログを読んだ夫からクレームを受けました。

「夫をゴボウにたとえ、ネタにするのは何事か」と。

だって、ゴボウに似ているお前が悪いんだろうという気持ちが8割、
でもやっぱり、ゴボウって言って悪かったかな、せめてセキツイ動物にすればよかったという気持ちが2割あるので、
夫のリクエストに応え、夫の希望するゴボウではない別のものにたとえたいと思います。

それは・・・・
21xe9gtpnwl_sl500_aa300_
下ろす前の筆でございます。

夫曰く、「毛が生えているからいい」んだそうです。
ゴボウだって毛生えてるよ!と訴えてみたのですが、
ゴボウの毛はチョロチョロ過ぎるそうです(´ω`)

というわけで、
読者の皆様には大変ご迷惑をお掛けいたしますが、
今日から「ゴボウ」改め「下ろす前の筆」とさせていただきます。
あしからずご了承下さいませ。



さて、今日はよく巷で言われる「猫にマタタビ」について書きたいと思います。
正しくは「猫にマタタビ、女郎に小判」なんですが、後半部に関してはそっと触れずにおきます。


先日キャラちゃんの大捜索大作戦を決行したわけですが、
その際に、キャラちゃんの飼い主さまにお土産でマタタビの生木をもらったんです。

このマタタビは、岡山のクロちゃんの飼い主さまが捜索のために大量購入し、
無事クロちゃんが保護できたので余った分をキャラちゃんの飼い主さまに譲ったという
実に縁起のいい代物!

こういう風に、保護できた人がまだ保護できていない人に捜索道具を譲り渡していく
実に理想的な光景だと管理人は思います。
やっぱり、迷い猫捜索は協力し合って、励まし合ってやらないといけませんよね!


で、それはさておき、生木をもらって家に帰りました。
生木はジップロックに入れてもらって、それをトートバッグに入れて帰ったのですが、
帰ってバッグを床に置いた瞬間から、
サチフクがわらわらとバッグに集まり、スリスリし始めました。
恐るべし! マタタビパワー!

まだこの段階では、銀仁朗は無反応。
やっぱり、子どもにはまだ早いのかしら・・・・・・・(´∀`*)



で、ジップロックからマタタビを取り出し、まずサチに与えてみると・・・・・・
(ここから衝撃の画像が続きます! 心臓の悪い方は救心を飲んでからご覧下さい!)

アラッ、何かしら〜!(カジカジカジカジ)31

ハウッハウッハウ〜ッ!(ガジガジガジガジ)
25

デヘデヘデヘヘヘヘヘヘヘヘ〜。
26

アヘアヘアヘアヘアヘヘヘヘヘヘ〜!27

hjkl;ぽいjhbkんl;:」・・・・・!28

ハイッヨイショオオオオオオオオオオッ!30



大変ショッキングな画像をお見せして、大変申し訳ありません。
特に、twitterで @madame_sachi を「マダム」としてご愛顧いただいている皆様、
全然マダムじゃない姿を晒すこととなり、管理人も残念でなりません。
でも、これが「猫にマタタビ」の真実なんです!



つづいて、フクちゃんにもあげてみました。

カジカジカジカジカジカジ・・・・・・・
32

カジカジカジカジカジカジ・・・・・・・
33

ムッハー!(*´∀`)=3
フクちゃん、かわえええええ!

最後に、銀仁朗にも。

クンクンクンクン、なあに〜これ〜。34

やっぱりまだ銀仁朗には「大人の味」は分からないようです。



というわけで、「猫にマタタビ」は本当だと分かっていただけたかなと思います。
もちろん、猫によってはあんまり反応しない子、ものすごい反応する子と分かれますが、
全く反応しない猫ってあんまりいないんじゃないかなあと思います。

マタタビにはリラックス効果もあるので、ストレスが溜まっているお猫さまに、
適度に与えるのもいい
と思います。
が、中にはマタタビを与えるとものすごく攻撃性を増す猫もいるのでご注意下さい。

生木はなかなか売っていませんが、ペットショップやホームセンターなどで、
粉末状にしたものが簡単に手に入りますので、お試し下さいね!


では、みなさま暑いですがお元気で!
ジャマタネッ!

2011年7月26日 (火)

【実家のお猫さま】ババアトリオを紹介します【&お犬さま】

こんばんは。
真夜中のニンフこと管理人です。

いやあ、ついに奴が帰ってきましたね。
奴ですよ、奴!
夏の野郎ですよ!

台風と一緒にどっか行っちゃったかと思ってたのに、
何事もないような顔して帰って来やがった。
何度も言うけど、管理人は暑いのにめっぽう弱いんです!
暑いともう眠くて眠くて、マジ起きてらんないッス。
んで、その辺で倒れて寝てしまって、起きると尻汗でズボンべちゃべちゃです。
ハァ (´д`)=3


さて、予告しておいてなかなか書く機会がなかったのですが、
うちの実家のお猫さま&お犬さまをご紹介申し上げます。
実家と言っても、スープが冷めないどころか、まだグツグツで口の中を火傷するレベルの近さなんで、
3日に1回は顔を合わせるメンツです。

では、年長者から参りましょう!
年配者を立てないと、大臣に「長幼の序が分かってない」って恫喝されちゃうもんね★キャハッヽ(*≧ε≦*)φ

エントリーナンバー1ばーん!

さくら(朔ちゃん)〜!

14

朔ちゃんは、今年17歳になった女の子です。
女の子って言うか、もうおばあちゃん★
17歳のくせにまだまだ元気で、ものすごく気が強いです。
管理人の右手には、朔ちゃんに噛まれた穴が4つあいています。
爪を切ろうとしてやられました。


さて、この朔ちゃんが我が家にやってきた経緯には、
何とも腹立たしい事実がその背後にあると共に、
運命の不思議さもまたそこには感じさせられます。

それは平成6年6月6日のことでした。
そう、オーメンの日ですよ、奥さん。
ダーミアーン!
うちの兄がとある沼でひとり釣りをしていました。
彼は釣りが趣味で、1人でボートを浮かべ釣りをしていました。
そこにやってきた一台の軽トラ。
運転席から沼に向けてスーパーの袋が投げ捨てられました。

うちの兄は「ゴミなんて捨てて!」と、その袋を拾いに行きました。
拾ってその袋を開けてみてビックリ!
そこにはまだ小さい子猫が入っていたのです!!!

袋の中にはすでに水がしみ込んでおり、
小さな体はもう濡れていました。
うちの兄は車に戻り、エアコンの暖房で温めながら実家に連れて帰りました。
それが、朔ちゃんです。

あと1分遅ければ、そこにうちの兄がいなければ、あるいはうちの兄が袋を開けなければ、
助からなかった命です。
なぜ朔ちゃんを捨てなければいけなかったのか、
捨てるにしても、どうして水の中に落とさなければならなかったのか、
理由は全く分かりません。
が、こんなことする奴は絶対地獄に堕ちるからな! 覚えてろよ!


うちの兄に命を助けられた朔ちゃんですが、
兄は猫好きなのに猫に嫌われるようなことばかりするので、
兄の車の音を聞いただけで怒り始めます(;´д`)
いやまあ、自業自得なんだけどな。

写真で分かるように、左耳が半分欠けています。
これは、数年前に近所の野良猫に襲われ、瀕死の重傷を負った跡です。
いやはや、あのときは本気で死ぬかと思った。
当時は出入り自由にしていましたが、それ以来完全室内飼いにしました。
さすがの朔ちゃんも懲りたのか、外への執着はそれほどありません。


さて、お次はエントリーナンバー2ばーん!

小梅(うーやん)!!
16

小梅という立派な名前を持っているのに、家族全員一度も小梅と呼んだことはありません。
「この子の名前は小梅ね、じゃあ、うーやんってことで」と、
何だか自然に「うーやん」と呼ぶことになりました。

うーやんはコーギーの女の子で、今年13歳になりました。
って、やっぱり女の子って言うかおばあちゃんw

うーやんはブリーダーさんから譲ってもらってすぐに、
生まれつき心臓が悪いことが発覚し、家族全員('A`)←こんな顔になったのですが、
心臓にカテーテルを入れる大手術を経て、おばあちゃんになるまで長生きしています。

が、また新たな病気で、うーやんの両脚はもう既にほとんど立つことができません。
すでに車いすの注文もしてあるので、
近いうちに、車いすの使い心地などレポートできると思います。

最後は〜

風(ふう)でーす!

15

風は、自分の産んだ子猫と一緒に捨てられていました。
それをうちの兄だか兄の知り合いだかが保護し、
子猫の里親は全て見つかったものの、
すでに大人だった風の里親は見つからず、
「というわけで頼むわ」と兄が実家に連れてきて、うちの一員になりました。

我が家では一番新参者ですが、それでも推定年齢12歳。
やっぱり女の子って言うかババア!
一番新参者のくせに一番偉そうで、
うーやんに八つ当たりするという秘技を持っています。
イライラすると、うーやんに猫パンチ。
うーやんはそれが嫌で、風から逃げ回っています。


というわけで、3人とも結構な年なんですが、
それなりに元気にやっています。
この先、悲しい別れが遠からず待っていることは分かっていますが、
今まで仲よくしてくれた家族なので、
最後まできちんとお世話するつもりです。

ジャマタネッ!

2011年7月10日 (日)

【忘れちゃいけない】我が家のお猫さまの紹介その2【やんちゃ坊主】

どうも〜。
こんにちは〜。
猫にはモテモテの管理人でございまーす。
いや、もう大変ですよ。
このクッソ暑いのに、お猫さまたちがみんな「おねえさま、おねえさま〜」って寄って来ちゃって。

我が家で私に興味ないのは夫だけですよ (ノ∀`)アチャー

さて、昨日に引き続き、我が家の末っ子を紹介したいと思います。
もう既にお馴染みかもしれませんが、

11

銀仁朗くん!!!!

銀仁朗は、今年の3月22日生まれのアメリカンショートヘアーです。
我が家史上初めての血統書付きお猫さまでございます!!

銀仁朗が我が家に来ることになったのは、とても突然であるとともに、必然とも言うべき出来事でした。

今年の3月ごろから、新たに家族を迎えようと里親募集の記事を見ると申し込んでいたのですが、
どうにも縁がないらしく、なかなか話が成立しませんでした。

そして6月、友人がちーちゃんを救出。
当初、友人は「うちでは飼えないの・・・・」と言っていたので、
じゃあ、管理人が引き取るよなんて話をしていたのです。


が、

初めてちーちゃんを見に行ったときに管理人は気付きました。

こいつ、ちーちゃん手放さないだろ!

「もうね、2時間ごとに起きてミルクあげてるからたいへーん(*´д`*)=3」

Σ(゚Д゚)


こ、こいつ、幸せすぎて困っちゃう若妻の顔になってる・・・・・!

「もう子どもなんていないほうが楽ちんよー。いいわねえ、よしこさんは身軽で〜」
なんて不妊に悩むよしこさんに言っちゃって、よしこさんから恨まれる若妻の顔になってる・・・・・・!!!

36歳独身女なのに!

そこで、急浮上したのが銀仁朗くんでした。
銀仁朗は、管理人の家から歩いて3分ほどの小さなペットショップで売られていました。
初めて会ったのはいつごろだったでしょうか。
かわいいニャンコちゃんがいるのに気付いた管理人は、
コンビニに行くついでにちょこちょこ顔を見に行って、
指にじゃれさせたりして遊んでいました。

これが店頭にいたころの銀仁朗。

13_2

管理人は、猫の血統書に全く興味がないので、
ペットショップで猫を買うということには非常に抵抗がありました。

しかし、このお店の店主さんと話してみたところ、
30年間売れ残ったことなんてない、
売れる範囲でしか仕入れない、
銀仁朗も身内で生まれた猫で、
母親も父親もよく知っている、
ペットショップというだけで全部悪いみたいな言われ方をすることは心外だ
とのことでした。

確かに、儲けとは無縁そうな質素な店構え。
ものすごい近所だし、そうそう悪いことはできないだろう、
何よりも、銀仁朗とすっかり気が合ってしまっている・・・・
夫もすでに銀仁朗にメロメロ・・・・・・っていうか、飼う前から銀仁朗って名前決まってるしwww

というわけで、銀仁朗くんは我が家にやってくることになったのでした。
前回耳ダニがいることが発覚した銀仁朗ですが、
今日、再びお医者さんに診てもらったところ、だいぶよくなっているとのこと。
来週もう1回診察してもらえばOKとのことでした。

そんな銀仁朗くんのもっかのライバルは・・・・・


ロールスクリーンの紐!!!!

8_2

てやあああああっ!
9_3

とりゃあああああああああっ!
10

いやっふうううううううううう!

あら、かわいい・・・・・・だと?

馬鹿野郎!
ロールスクリーンは各部屋にあるんだよ!
寝ている横でこんなんやられたら、寝られないんだよ!

いまは横でキンタマ丸出しで寝ていますが、銀仁朗が我が家に来てから、我が家は賑やかになりました。

銀仁朗は食い意地が異様に張っていて
自分が食べた後の皿を舐めることは言うまでもなく、
人間が食事した後の皿を舐め、
皿を取り上げられるとテーブルを舐め、
それも叱られるとペットボトルの周りについた水滴を舐めるという・・・・・

どうにも手のつけられない食いしん坊キャラです!

マ ジ か ん べ ん し て !!!(´Д⊂ヽ

今日はこの辺で。
また気が向いたら実家のお猫さま+お犬さまもご紹介します。
あとは、脱走対策についてのご報告も。

ジャマタネッ!

2011年7月 9日 (土)

【大公開!】我が家のお猫さまを紹介します★ かわええのぉ。

こんにちは、みなさん。
パンツ王国の王妃です。

我が家では夏になるとボトムはパンツ一丁という暗黙のルールがあるのですが、
いかんせん汗っかきで、一日何回もシャワーを浴びるので、
パンツの消費量もハンパないです!!!!
もうパンツの供給が間に合いません!
今日、ユニクロに走って買いに行きます。
楽天・聖澤のような華麗な走塁で買いに行きます!
聖澤が分からない世代の皆様は、
赤ヘル軍団の高橋慶彦をご想像下さい!


さて、そろそろ皆さんの我慢も限界だと思われますので、
本題に入りたいと思います。

今日は、我が家のお猫さまを一挙公開!
さあみんな、覚悟はいい?

まずは、
ズドーン!
Photo_6

サチ(ママ)・6歳!!!

管理人はマダム・サチというハンドルネームを使っていますが、
実はこのお猫さまのお名前を借りているんです。

フランスで生まれ育った生粋のフレンチマダムと本人は言い張っていますが、
真偽のほどは定かではありません!

趣味はフレンチマダムらしく、食事後の食器を舐めることと、脱糞直後に食卓に上がることです。
とにかく動くのが面倒らしく、遊んであげようと思っても寝たまま遊ぶ横着者です。

ちなみに、サチさんはtwitterアカウントをお持ちになっていて、優雅なつぶやきをなさっているので、
よかったらフォローしてみて下さい。

さて、お次は迷い猫記事サンプルでおなじみの・・・・・
Photo_7

フクちゃーん!!!
イェーイヾ(*´∀`*)ノ

フクちゃんは、サチの実の娘で現在5歳どぇーす!
かわいいでちょー!

まず、サチとフクがうちにいらっしゃった経緯をお話したいと思います。
ちょっと長くなるから、トイレ休憩は今のうちにね★


サチフクがうちの家族になったのは、5年前のことです。
サチフクは地域猫でした。
うちの地元の駅前で暮らしていました。
初めて会ったのは、うちの家族になる1年ほど前。
かわいいニャンコちゃんがいる、と夫と話していました。

いつも同じ美容院の前にチョコンと座っていたサチ。
ある晩、その美容院の奥さんと話す機会があり、サチフクの出自が分かりました。

サチフクは、その美容院のすぐ近くのアパートで飼われていた猫でした。
しかし、引っ越しの際に置いてけぼりにされたのです!
美容院の奥さんは、元の飼い主が誰かも知っていて、かわいそうだからとサチフクに毎日餌をあげていました。
フクちゃんはまだ小さく、生まれてすぐに捨てられたのか、人前には姿を現そうとせず、
いつも美容院の前の植え込みの中に隠れていました。

置いてけぼりにされたと聞いて、管理人は怒りを感じると共に、
何とかしたいと思ったのですが、
当時はペット飼育厳禁のマンションに住んでいたため、保護することはできませんでした。
ならば実家の母ちゃんにと思って聞いて見たのですが、
当時一人で猫2匹犬1匹と暮らしていた母ちゃんにも保護することは無理でした。


毎日、夫と「今日はいた?」「今日は隣の喫茶店の前にいたよ」などと、
サチフク(当時は「1号ちゃん2号ちゃん」と呼んでいた)の様子を報告し合う日々が続き、
早1年が過ぎようとしていました。

5年前の3月初旬、実家の母ちゃんから電話が掛かってきました。
都内に住む兄がいまから実家に来て、ついでにサチフクを保護して里親を捜してくれるというのです。
突然のニュースに驚きつつも、美容院に電話をし、
夕飯を食べにきたサチフクを保護することに成功しました。
兄の車に乗せられて去っていくサチフク・・・・・・幸せになれよ・・・・・管理人はそう見送ったのです・・・。


が!

馬鹿野郎!
1年間見守ってきたこんなにかわいいニャンコたちと別れられるかあ、ぼけえ!

で、どうしたか?

はい、管理人、不動産屋に行き大家さんに直談判しました。

ペット飼育厳禁とは言え、築20年のオンボロマンション。
管理人は、お家賃を2ヶ月分ずつニコニコ現金払い(^ω^)していたので、
大家さんからの信頼も厚く、簡単に許可してもらえました〜。

夫には最初、どちらか一匹にしなさい、と言われたのですが、

馬鹿野郎!
選べるわけないだろう、スカポンタン!

というわけで、結局避妊手術を終えたサチフクを2匹とも家族に迎えることになったのでした。

しかしね、いま思えば、
未避妊のメス猫2匹を捨てるってどういう神経かね?
昨日改めて思い起こしていたら腹が立ってきて、
寝ている夫を叩き起こして怒りをぶつけましたよ。

さてこのサチフク、うちに来た時はこんなにスリムだったのに・・・・・
Photo_8

いまじゃこんなんですよ。
Photo_9

ドヨーン!

Photo_10

ボヨヨーン!

サチフクの周囲には常によどんだ空気が漂っています・・・・。

あ、長くなっちゃって銀仁朗まで紹介できなくなっちゃった!
銀仁朗はまた次回に!

ジャマタネッ!



【かわいすぎる生命体】お友だちが保護した子猫ちゃんが、こんなに大きくなりましたよ〜!!

あああ、もう金曜日か・・・・。
どうすかみなさん、生きてますか?
管理人は、もう全身が痛いです。
働きすぎて、全身が痛いんです。
暑いから毎日ソファーで寝ているのも原因かもしれません。
どうして暑いとソファーで寝るのかって?
説明するの面倒なんで、許して下さい。


さて、週末は大抵、家で舌打ちをしながら野球を観ている管理人ですが、
先週末はものすごくアグレッシブに過ごしてきましたよ〜!

まあ、アグレッシブ過ぎて疲れて、
やっと金曜日にブログを更新してるんだがな。


お友だちと行ってきました!

ババーン!

Dscf2565

山下清展@千葉県立美術館!!!!

友だちと行ってきましたよ。
もちろん、坊主頭に白いランニング、背中のリュックには傘を差して、♪野に咲く花のように〜と歌いながら行ってきましたよ!

しかし、行ってみて分かったことは、
私たちの山下清に関する知識は、花王名人劇場と芦屋雁之助によってかなり歪められていたということでした!!!!

山下清は、旅先では作品を描くことはなかったんですって。
工工工エエエエエエェェェェェェ(゚Д゚)ェェェェェェエエエエエエ工工工
そ、そうなーん?
「先生〜! 山下先生〜!」って追いかけられることもなかったみたい( ゚ω゚ )

あ、でもおにぎりは好きだったみたいだよ(・∀・)
これでおにぎり嫌いだと発覚してたら、人間不信に陥るところだったよ、ボク・・・・。


さて、山下清を見た後も色々あったんだけれど、
説明するのは面倒くさいから勘弁してもらって、
夕方、友人を茨城にあるご自宅まで車で送ってきました〜。
え、優しいって?

馬鹿野郎!

ちゃんと目的があるんだよ!

友人(36歳独身女)は、6月の初旬に愛犬の散歩中に、
カラスに襲われている子猫ちゃんを助けました。
カラスを傘で撃退して!
36歳独身でも、やるときゃやりますよ〜!

救出したときはまだ目も開いておらず、顔中血まみれ。
もう無理だろうと思いつつ病院に連れて行ったところ、
意外に傷は軽症で、友人(36歳独身女)は経産婦でもないのに子猫に乳をやり、育てることになったのです!

2週間前に初めて見に行ったのですが、
そのときの様子がこれ!

Photo_3


やっべええええええしょー?
かわいすぎるでしょー?
お名前はちずちゃん(ちーちゃん)!
'`ァ,、ァ(*´Д`*)'`ァ,、ァ

そして、前回の訪問から2週間、ちーちゃんったらこんなに大きくなっていました!

6_2

前回はミルクを飲んでいたけれど・・・・

Photo_4

今回はもう離乳食mgmgm〜!

3_2

そしてとにかくやんちゃ!
走り回り、じゃれまくる!
4

2

1時間程度の滞在で、傷だらけにされましたよ〜(*´∀`)

これは銀仁朗と遊ばせてみたい・・・・Σ(゚∀゚ノ)ノ
と夫と二人で思ったのですが、
ちーちゃんはまだ血液検査をしていないので、他の猫との接触はできません。

そして、もしちーちゃんと遊ばせようとして、
いきなりうちの銀仁朗がちーちゃんにマウントポジションをとり、
腰を振り始める・・・・・・
なんてことになったら、申し訳ないやら恥ずかしいやら切ないやら。


ちーちゃんの性別はまだ分からないのですが、
こんなにハッキリした三毛猫ちゃんだし、多分女の子。
友人は36歳独身女ですが、猫に関してはエキスパートなので
大切に育ててくれることでしょう!

たまたま犬の散歩に出た友人にたまたま助けられたちーちゃん。
本当に運の強い子です。
あの日あのときあの場所で君に会えなかったら・・・・・・そんなことを考えると、
胸が熱くなりますね・・・・。

帰り際には、モップ・・・・ではなく、先住猫のるりさんがお見送り〜★

1

モップ・・・・ではなく、るりさんは、メインクーンの女の子です。
モップみたいだけど、猫なんです!

さて、
ここまで書いてきて、管理人宅のお猫さまをきちんとご紹介していなかったことに気付きました。
次回は、管理人宅のお猫さまの裏側までご紹介する予定です!

ジャマタネッ!

より以前の記事一覧

無料ブログはココログ