2023年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

リンクバナー

  • 迷い猫捜索応援団

« 【慢性腎不全の猫】経鼻カテーテルを再装着しました【高齢猫・強制給餌】 | トップページ | 聞いたこともない種類の猫を飼い始めました【その1】 »

2023年7月26日 (水)

【ご報告が遅れました】フクちゃんは安らかに旅立ちました

みなさん、こんにちは。

ブログ、ずっと放置していて申し訳ありません。

niftyからもう1年更新してないぞと催促が来ました。

1年かあ。

 

Twitterでは随時ご報告しておりましたが、

フクさんは2022年10月11日の朝、静かに旅立ちました。

 

本当に突然のことで驚きました。

その日は通院日で、いつも通り私はフクさんと寝ていたのですが、

横に寝ているフクさんに

「フクちゃんもう起きなきゃ、今日病院だ」

と声を掛けたら、もうすでに息を引き取っていました。

 

その1時間ほど前に、

家人が仕事に出る際に声を掛けたときには、

まだフクさんはいつも通りだったそうです。

 

私の腕の中で、そっと静かに息を引き取りました。

まったく苦しまなかったです。

数日前からちょっと息が荒いなと思うことがあり、

病院で診てもらったところ胸水が溜まっていたので

抜いてもらったところでした。

 

フクさんが旅立ってもうすぐ10ヶ月。

後悔することもしばしばです。

フクさんはおとなしい子なので、

毎週嫌がらずに病院に行ってくれました。

でも、本当は嫌だったんだろうなとか、

強制給餌していなければもっと早く楽になれたんじゃないかとか、

正解はないとは言え、

やはり大切な家族だったからこそ悔やみます。

 

ただ、最期が安らかだったことだけは救いです。

かわいい姿のまま、旅立ってくれました。

 

フクさんのお骨は、フクさんのママと同じ骨壺に入れました。

仲良し親子だったサチとフク。

私の家に幸福をもたらしてくれました。

大好きだった2人、感謝しかありません。

会えてよかった。

私の家の子になってくれて、ありがとう。

 

さて、フクさんが亡くなってから実は家族が増えました。

Twitterではご報告しておりますが、

女の子が2人。

そのことはまた改めてご報告しましょうかね。

よろしければ、Twitterをごらんくださいませ。fuku_taishi_です。

« 【慢性腎不全の猫】経鼻カテーテルを再装着しました【高齢猫・強制給餌】 | トップページ | 聞いたこともない種類の猫を飼い始めました【その1】 »

慢性腎不全闘病記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 【慢性腎不全の猫】経鼻カテーテルを再装着しました【高齢猫・強制給餌】 | トップページ | 聞いたこともない種類の猫を飼い始めました【その1】 »

無料ブログはココログ