2019年1月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

リンクバナー

  • 迷い猫捜索応援団

« 愛猫が乳がんに罹った話 その5 【サードオピニオン・フォースオピニオン】 | トップページ | 愛猫が乳がんに罹った話 その7 【抗がん剤治療】 »

2018年12月31日 (月)

愛猫が乳がんに罹った話 その6 【ついに手術】

みなさん、こんにちは!



この記事は3年半前の事を思い出しながら書いています。
そのため、記憶違いのところもあるとは思いますが、
大まかなところでは間違いはないはずです。



さて、いよいよママの手術の日がやってきました
朝一番でママを病院に預けました。
手術はお昼過ぎにやる、そう言われたように覚えています。
大がかりな手術ですが、
不思議なことに不安はありませんでした。
先生を完全に信頼できていたからかもしれません。
ママは絶対に助かる、そう信じていたからかもしれません。



夕方、電話をしたところ、
無事に手術が終わったことを告げられました。
ホッと一息です。



火曜日に手術をして、退院は木曜日か金曜日を予定していました。
ですが、
水曜日の夕方に電話して、
「うちのサチ、どうしていますか?」
と聞いたところ、
「サチちゃん、ご飯も食べてくれないし、オシッコもしてくれないんです!」
とのこと。
そりゃ大変だ! と慌てて病院に向かいました。
うちの母も
「ママちゃんの様子気になるから行くわ!」
と言うので連れて行くことにしました。



病院に着いて入院室に向かうと、
ママはケージの中にいて、
私の顔を見ると大きな声で「ニャン!!」と鳴きました。
「ママ〜大丈夫か〜? おねいさん来たよ〜」
と言って、ケージのドアを開けてもらうと、
「おねいさん、おねいさああああん!」
と私の腕にしがみついて来ました。



思えば、ママは避妊手術もフクちゃんと一緒にやりました。
一人で入院するなんて初めての経験だったのです。
本当に恐い思いをしたのでしょう。



しかし、腕には点滴のチューブが刺さっていますが、
思っていたよりも元気そうです。
猫の生命力ってすごいですよね。
昨日大手術をしたばかりだと言うのに、もう自分の力で立ち上がることが出来ているのです。



「ママ、ご飯食べてないって聞いたよ、ちょっと食べたらどう?」と言うと、
「せやなあ、せやなあ」と言いながら、
少しご飯を食べました。
病院の先生も、
「サッちゃん、飼い主さん来てよかったねえ」
と言ってくれました。
そして、
「もう傷も大丈夫そうだし、このまま今日退院しちゃいましょう。
 点滴終わったら一緒に帰っていいですよ」
そう言ってくれました。
「ママ、一緒に帰れるってよ!」と言うと、
ママはとても嬉しそうな顔をしました。

そういうわけで、ママは退院しました。
退院直後のママの姿をご覧下さい。
少しグロいかもしれないので、
耐性のない人は気を付けて下さいね。


Img_1497_2


Img_1498_2


Img_1522_2


Img_1520_2




ママがどれだけ大きな手術を受けたか、
お分かり頂けると思います。
大変な手術でした。
でも、ママは頑張ったんです。



1週間後、ママは無事抜糸も終えました。
傷もきれいにくっついていました。
でも、まだ終わりではありません。
今度は抗がん剤治療が始まります。

« 愛猫が乳がんに罹った話 その5 【サードオピニオン・フォースオピニオン】 | トップページ | 愛猫が乳がんに罹った話 その7 【抗がん剤治療】 »

猫の病気」カテゴリの記事

無料ブログはココログ