2019年1月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

リンクバナー

  • 迷い猫捜索応援団

« 愛猫が乳がんに罹った話 その7 【抗がん剤治療】 | トップページ | 愛猫が乳がんに罹った話 その9  【まさかの皮膚がん!】 »

2018年12月31日 (月)

愛猫が乳がんに罹った話 その8 【乳がんを防ぐために】

皆さん、こんにちは! 

2018年も終わろうとしています。
ママの乳がんが発覚したのは2015年でした。
もう3年半前の話です。



ママがどうして乳がんになってしまったのか、
それは体質などの問題ももちろんあるとは思いますが、
猫が乳がんになる確率は、生涯経験する発情の回数と因果関係があると言われています。
つまり、
発情した回数が多ければ多いほど、
乳腺に腫瘍ができる確率が上がるということです。



ママは、前の飼い主に引っ越しの際に置いて行かれた子です。
私は前の飼い主を知りませんが、
ママとフクちゃんを引っ越しの時に置いて行ったのだと、
捨てられたママとフクちゃんにご飯をあげていた近所のおくさんが
教えてくれました。



私がママを初めて知ったのは、2010年の春でした。
駅前に可愛い子が座っているのに気付き夫に言ったところ、
夫も「見た見た!」と言っていました。



その後、実は娘のフクちゃんもいるのだということ、
前の飼い主に捨てられた経緯を知りました。
駅前を通ると大抵会えるので、
私は毎日会えるのを楽しみにしていました。
線路のジャリをトイレ代わりにしてるのを見て、
「あんた、危ないからやめなさいよ!」と言ったり、
日向ぼっこしてるのをほっこりと見たり・・・・・。



でも、私が見ていないときには、
ママもフクちゃんも苦労したと思います。
寒い日もあったり、大雨の日もあったはずです。
どうして早く保護してあげなかったんだろうと、
ずっと後悔しています。



私がママとフクちゃんを保護できたのは、
初めて出会ってから1年後のことでした。
色々な偶然が重なり、我が家に2匹揃って家族として迎えることができました。



当時はペット禁止の賃貸マンションに住んでいたので、
不動産屋に直接掛け合って飼育許可をもらったり、
ちょっと手続きは必要でしたが、
2人を家族に迎え入れられて私たちの生活は一気に明るくなりました。



それまで
「1号ちゃん2号ちゃん」と呼んでいた2人を「サチとフク」と名付けたのは私です。
2人が来ることで私たち家族に幸福がもたらされるように
そう願って付けた名前です。



話が脱線しました。
サチとフクの前の飼い主は、2人を避妊手術せずに外に置いて行きました。
フクちゃんはまだ子猫の段階で捨てられたので妊娠することはありませんでしたが、
保護した段階で、ママは再び妊娠していました。



もし1年前に保護できていたら、
それだけ発情回数は少なくて済んだはずです。
1年もママを外で生活させた責任は私にもある、そう思っています。
まあ、それ以上に、前の飼い主は無間地獄に堕ちるがいい、そう思っていますけどね。



もし、メス猫を飼っている方がいて、
避妊手術をするのは自然に反することだからと思っているのであれば、
乳腺腫瘍のリスクを知ってほしい。

出産させる予定がないのであれば、
できるだけ早く避妊手術をしてほしいです。
避妊手術の是非について色々な考えがあるのは分かります。
ですが、
その議論を始める際に、乳腺腫瘍についての知識も加えて欲しいのです。



また、メス猫を飼っているみなさん、
定期的にしこりがないかチェックしてあげて下さい
早期に発見できれば間に合います。
手遅れになったら、確実に死にます。
それくらい怖い病気だと思って下さい。



外科手術を受け、抗がん剤治療を受け、
ママは再発もなく、穏やかな日々を過ごしていきました。
あんな大きな手術をしたなんて忘れそうでした。



ですが、
まさかの事態がママを襲います。
詳しくは次回・・・・・・。

« 愛猫が乳がんに罹った話 その7 【抗がん剤治療】 | トップページ | 愛猫が乳がんに罹った話 その9  【まさかの皮膚がん!】 »

猫の病気」カテゴリの記事

無料ブログはココログ