2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

リンクバナー

  • 迷い猫捜索応援団

« 愛猫が乳がんに罹った話 その3【お前を死なせはせぬ】 | トップページ | 【落ち着いて!】愛猫が迷子になった! まずは何をするべき?! »

2018年2月27日 (火)

愛猫が乳がんに罹った話 その4【腫瘍専門医】

みなさん、こんにちは!
すっかり更新が滞ってしまって、申し訳ありません。
続きを楽しみにして下さっている方も、
世界に数人はいると思います。



数人のみなさん、ごめんなさあああああい!



前回は、いつも診察して貰っている獣医師ではなく、
腫瘍専門医にママを診てもらうことを決意したところまで
お話し致しました。
今回はその続き。
腫瘍専門医のいる病院に行った話をしたいと思いますが、
その前に。



前回の記事を読んでくれた友人が、

ストラッサー起一とチクワのことを思い出しました

と感想を寄せてくれました。
私は格闘技方面に関しては全くの門外漢なので、
ストラッサー起一さんの名前も聞いたことがなかったのですが、
ストラッサー起一さんは格闘家として活躍されている方です。
そして、
チクワは、そのストラッサー起一さんが保護をして、
同棲していらっしゃる彼女と大切に育てていた猫です。



ボロボロの状態で保護したチクワを、
ストラッサー起一さんと、彼女の麻美さんは家族として懸命に育て、
そして有り余るほどの愛情を与えて共に暮らしていました。



ですが、
チクワはある日突然その命を奪われることになります。
「失う」ではなく「奪う」と書いても、語弊には当たらないと思います。
詳しくは
ストラッサー起一さんのブログを読んで下さい。
私は泣きました。
泣くというか、嗚咽を漏らしました。
猫と暮らす上で、獣医を選ぶことがどれだけ大切なことか
チクワの一生が教えてくれます。



電車で読むと間違いなく困ることになると思うので、
ご自宅で読むことをおすすめします。



さて、ママの話に戻しましょう。



自宅から車で30分ほどの距離にある病院に、
夫と二人、ママを連れて行きました。
日曜の朝だったと思います。
混み合ってママを待たせてしまうと負担になるだろうと、
診察開始時間よりもかなり前に着くように家を出ました。
ママは、車の中で
「え〜また病院なの〜? いやだわ」
と言っていたように記憶しています。




診察開始時間よりも30分以上早く着いたおかげで、 
診察開始からすぐにママを診てもらうことが出来ました。
噂の(?)腫瘍認定医Ⅰ種はまだ30代でしょうか、
若手の医師という印象を受けました。
頭は短く刈り込んでいて、
獣医というよりは大工といったような風貌でした。



私たちは彼のことを親愛の情を込めて・・・・・・・
「副院長先生」と呼ぶことにしました。
まあ、
実際その病院の副院長なのでそう呼んだだけで、
特に奇をてらったわけでも、含みがあるわけでもありません。
実は、その後副院長先生を「カープファンの先生」と呼ぶことになるのですが、
まあ、それはかなり後のことなので、
また後でお話しすることに致しましょう。



私たちはまず、ママが乳がんであると診断されたこと、
約10日後に手術の予約を入れていること、
腫瘍ができている方の乳腺を取ったら、
その後もう一方の乳腺も取る予定であることを
副院長先生に話しました。



副院長先生はママのしこりを触りながら難しい顔をしたものの、



とりあえず組織をとって調べてみましょう
と言いました。
そうです、
ヒゲの先生は手術後に切除した部位から組織を取らなきゃ調べられないと
言っていたのですが、
副院長先生は、手術前に病理検査ができるというのです。
しかも、外注ではなく、今すぐ病院でできる、というのです。



さすが数少ない認定医Ⅰ種を擁している病院、
最先端の機材を揃えています。
もちろん、今すぐ検査してくれ! と私たちは頼みました。
もしかしたらガンじゃないかもしれない
そんな一縷の望みが心の中にあったことは言うまでもありません。



病理検査の結果が出るまでには若干の時間が掛かったように覚えています。
いったんママだけ検査室に連れて行かれましたが、
検査結果が出たということで、
私たちも呼ばれていきました。



副院長先生は落ち着いた様子で、
「ほぼ間違いなく悪性の腫瘍でしょう」
と言いました。
その時の私の気持ちは、
かろうじて心につなぎ止めていた希望が、
一気に剥がれ落ちていく、
といった感じでした。
泣きたいのを我慢して、
「他の臓器に転移はしていますか?」
と聞くと、
「エコーなどでみた感じでは、転移は確認できません。
 ただ、確認できないからといって、転移していないとも言えないんです」
と答えられました。



とりあえず最悪のケースは回避している
その時はそう思って自分を奮い立たせるしかありませんでした。
他の臓器に転移していないのならば、
今あるガンを完璧に取ってしまえばいい

そうすることが、今ママに対してするべき最善の治療だ、
そう私は確信していました。
夫もそうであったと思います。



副院長先生が提案する手術は、
しこりの出来ている方の乳腺を切除するだけで、
しこりのない方の乳腺はそのまま温存する
というものでした。
これはママにとって負担が少ないのは言うまでもありません。
副院長先生に手術を依頼しよう、
これがママの命を救う最善の策だ
そう私は確信していました。



「先生、手術をしてください、お願いします」
そう言うと、副院長先生は、
「それはもちろん構いません、
 ただ、費用が25万ほど掛かってしまいますがいいですか」

と答えました。
25万。もちろん、単位は円です。ペソではないです。
25万円は決して安い金額ではありません。
しかし、ママの命の値段としては安すぎると言っても過言ではありません。
私も夫も、25万円が高いとはまったく思いませんでした。



「構いません、サチを助けてやって下さい」



その日、手術の予約を入れて帰りました。
幸い、2日後の火曜日に手術をすることが可能だということでした。
猫は人間よりも寿命が短い動物です。
人間にとっての1ヶ月は、猫にとってはもっと長い時間に相当します。
時間が経てば経つほどガンが進行し、
ママの体は蝕まれていく、
そう考えていた私にとって、
日を置かずに手術を受けられることは理想的なことでした。



ママ、いい先生がみつかったよ、ママのこと、助けてくれるよ
実際、副院長先生は「助かる」「助ける」といった言葉は
一度も使いませんでした。
そんな言葉を安易に使ってはいけないことをよく知っている先生でした。
でも、私は副院長先生がママを助けてくれる
そう信じていました。



暗闇を割るように指してきた一筋の光に安堵を覚えながら、
私たちは帰途につきました。
いったんママを家に連れて帰り、
その後すぐに、近所の和菓子屋に向かい菓子折を買い、
ヒゲの先生の元に向かいました。
予約していた手術をキャンセルするためです。



ヒゲの先生には、これまでもお世話になっていたし、
その誠実な人柄はよく知っています。
ですから、手術をキャンセルすることには後ろめたさを覚えました。
後ろめたさを隠すために、
かなり大きい菓子折を買ったように記憶しています。



手術をキャンセルすることを伝えるとヒゲの先生は、
「どこでやるの?」
と聞かれました。
病院の名を伝えると、
「そうか、分かりました」
と特に嫌な顔もせず受け入れて下さいました。
ヒゲの先生には本当に感謝しています。
ありがとうヒゲ、フォーエバーヒゲ。



さて、長くなったので、今日はこの辺で終わりにします。
次回は、手術の話をする・・・・・・と思ったでしょ?
いや、実は手術の前に、
サードオピニオン、フォースオピニオンを貰うことにしたんですよね。
あんなに副院長先生を全面的に信頼してたくせにマジかよ?!
そう思われるかもしれませんが、
そこは私の性格です。
次回はその辺りをお話ししたいと思います。



では、また!
読んでくれてありがとうございました。

« 愛猫が乳がんに罹った話 その3【お前を死なせはせぬ】 | トップページ | 【落ち着いて!】愛猫が迷子になった! まずは何をするべき?! »

猫の病気」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1484160/73004790

この記事へのトラックバック一覧です: 愛猫が乳がんに罹った話 その4【腫瘍専門医】:

« 愛猫が乳がんに罹った話 その3【お前を死なせはせぬ】 | トップページ | 【落ち着いて!】愛猫が迷子になった! まずは何をするべき?! »

無料ブログはココログ