2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

リンクバナー

  • 迷い猫捜索応援団

« 愛猫が乳がんに罹った話 その2【診察】 | トップページ | 愛猫が乳がんに罹った話 その4【腫瘍専門医】 »

2018年1月23日 (火)

愛猫が乳がんに罹った話 その3【お前を死なせはせぬ】

みなさん、こんにちは。



前回までに、
愛猫・ママの乳首付近にしこりをみつけたこと、
そして、病院に連れて行ったところ、
不安が的中し、
悪性乳腺腫瘍として手術の予約をとったことを
お話しいたしました。

私は数年前のこの一件を改めてブログにまとめているのは、
猫の乳がんについてもっと多くの人に知ってほしいからです。
ママの乳がんが分かって、
私はインターネット上の情報をかき集めました。
特にお世話になったのは、
2ちゃんの「猫の乳腺腫瘍」スレでした。
今は5ちゃんになっちゃったんですってね。時代が変わった感じがします。昔はよく入り浸ってたなあ・・・・・・(´ω`)



ですが、
改めて振り返ると、
本当に私の欲しかった情報のすべてがインターネット上にあったわけではないし、
インターネット上の情報をすべて信じていたら、
間違った方向に進んでいたかもしれない、
そう思うこともあるのです。



もちろん、
ママのケースはあくまでもママのケースであって、
すべての症例に当てはまるわけではありません。
ですが、
この先愛猫が乳がんに罹って絶望に襲われた方にとって、
一つでも多くのケースが目に入ればそれは有益なことであろうし、
治療法を決める上で一つの指針になる可能性もあるだろうと思うのです。



私は根っからの文系人間で、
医療の専門家ではありません。
ですから、あくまでも素人の体験談としてお読みいただきたいのですが、
自分の人生において、
死ぬほど頑張った経験のうちの一つ
でもありますので、
素人ながら自信を持って書いているという点は強調したいと思います。

ママの手術が決まった後、
私もただ泣いて暮らしていたわけではありません。
とにかく情報を集めようとパソコンに向かっていました。
乳がん発覚後3年、4年と生きている猫について書いたブログは、
何度も何度も何度も何度も読みました。
一方で、再発を繰り返し、他の臓器に転移し、最終的には手術ができなくなり、
命を落としてしまった猫の話を読んで、
この世の終わりを感じることもありました。



が、次第にある疑問を感じるようになりました。
そもそも、
転移するケースとしないケースの差はなんなんだ?



これは素人ながらの疑問といってもいいのかもしれません。
素朴に、疑問に感じたのです。
ママの乳がんは最初期で発見できたと言っていいと思います。
米粒大、数センチ大で見つかるケースも多いのですが、
ママの場合は米にも満たない粟サイズです。
栗じゃないです、粟です。
我ながらよく見付けたなあと感心する大きさです。
この段階で他臓器への転移は恐らくないだろう、
希望的観測ではありますが、そう思うことが出来ていました。
ならば、
それほど心配する必要はないのではないか。
恐いのは、今後再発するかどうかです。
再発して転移したら命の危険に繋がりかねません。
2ちゃんを読んでいると、
手術の直後にまたしこりを見付けたと書いている人もいます。
そんなに早いの・・・・・・・????



素人は考えました。
今、ママにできることは、
いま現在のがんをしっかり取ってしまうことではないか。
すぐに再発したとか言ってるけれど、
それはそもそも、ちゃんと取り切れてなかっただけじゃないか?
部位的に取り切れなかったのならば仕方がない、
でも、取り切れるのに取り切れないのは、
それは結局、執刀する医師の技量の問題ではないか・・・・・・?

ヒゲを疑うわけではありませんが、失敗は許されません。
失敗したらママは死ぬのです。
一度で完璧な手術を受けさせたい、
私はこう考えるようになりました。
そのために、
まず私はヒゲが何の専門医なのかを調べました。



獣医といったら何でも治せるような勘違いをしている方もいますが、
人間の医者と同じです。
大学時代に何を専攻していたのか、どの研究室に入っていたのかで、
専門分野に分かれます。
小児科医に心臓外科手術を頼むのがリスキーなのと一緒で、
猫のがんの外科手術を専門外の医者に頼むのは、
最良の医療をママに与えているとは言い難いのです。



ヒゲ、ごめん、
そう思いながら、私はヒゲが公にしている論文を探しました。
使ったのはCiNiiです。
ヒゲの名前をフルネームで入れて論文検索したらあっさりとヒットしました。
どうやらヒゲは、
豚などの家畜の研究をしていたようです。
猫では・・・・・・ない。
がんでも・・・・・・・・・ない!



ヒゲ、ごめん。
これはちょっとママのことは任せられない。
ただの下痢とか風邪とか、
そういうのはヒゲに任せられる。
でも、今回ばっかりはダメなんや、ヒゲ!
ブラックジャック・・・・・・
獣医のブラックジャックはどこにいるんだ!



そこで、
日本獣医がん学会のHPを見てみました。
すると、
学会の腫瘍科認定医というのがあるじゃないですか!
ほほほほおおおおおお?!
しかも、
認定医には2種類あって、
「腫瘍診療のための専門知識および一般臨床知識を有する」認定医Ⅱ種と、
「腫瘍診療の専門知識および一般臨床知識を有し、且つ実践的に診断・治療を行う能力を備える」認定医Ⅰ種!



これは、認定医Ⅰ種に診てもらうしかないでしょう!
ですが、
認定医Ⅰ種の数は少なく、
当時全国で40名程度しかいなかったように思います。
現在でも42名しかいません。



どんなに遠くても、ママを診てもらおう、
そう思って、認定医のリストを見たところ、
何という不幸中の幸い、
家から車で30分ほどの動物病院に認定医Ⅰ種がいるではないですか!



ふほおおおおおおおおおおおおおおおおお! 神様サンキュー!
私はさっそく夫とママを連れていくことにしました。
たしか、翌日が土曜日で、夫も仕事が休みだったのです。
その時私は、
一筋の光明を見付けたような、そんな気持ちでした。
ママ、お前を死なせはしない。
お前が死ぬということは、私にとって精神的な死を意味している。
だから、
絶対に死なせはしないし、出来ることは何でもしてやる、
そう強く誓っていました。



今回はここまでです。
次回は認定医Ⅰ種の先生に診察して貰った様子をお伝えします。

« 愛猫が乳がんに罹った話 その2【診察】 | トップページ | 愛猫が乳がんに罹った話 その4【腫瘍専門医】 »

猫の病気」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1484160/72756866

この記事へのトラックバック一覧です: 愛猫が乳がんに罹った話 その3【お前を死なせはせぬ】:

« 愛猫が乳がんに罹った話 その2【診察】 | トップページ | 愛猫が乳がんに罹った話 その4【腫瘍専門医】 »

無料ブログはココログ