2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

リンクバナー

  • 迷い猫捜索応援団

« 【まさに執念!】飼い主さまはヌーちゃんを半年間探し続けた【二度と失敗はせぬ!】 | トップページ | 【いつものように出かけて失踪】茶太郎くんは1ヶ月ぶりに無事保護されました!【きっかけはチラシ】 »

2013年7月31日 (水)

【多くの人が協力!】迷子のロシアンブルーのシュシュくん、無事に保護!【縁とは異なもの味なもの?】

ステテコが足りません・・・・・・・(Jリーガー・井原の声で)


いやあ、あっついですねえ!
一時期のおま、殺す気か?!という暑さはなくなったものの、
やっぱりちょっと動くとドドッと汗をかきますよね〜。

1号ちゃん(この呼称もいい加減どうかと思っている)は、ユニクロのステテコ(男子用)を愛用しているんですが、


掃除機掛けて、汗まみれになって、シャワーを浴びる。


洗濯干して、汗まみれになって、シャワーを浴びる。


買い物行って、汗まみれになって、シャワーを浴びる。


んで、そんなこんなで・・・・・・


ステテコが足りません・・・・・・(井原の声で、雨の中を)




さて、今日の保護アンケート一件目は、No.0279のシュシュくんです!

ロシアンブルーのシュシュくん。
迷い猫登録時にお送りいただいた写真から、
飼い主さまがとてもかわいがっていた
ことが伝わってきます。
シュシュくんはそれまでにも、何度か脱走したことがあったそうですが、
自分で網戸を開けて逃走して、そのまま帰らなくなりました。

では、シュシュくんがどうやって無事に帰って来られたのか、さっそく見てみましょう!

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
【猫の名前・歳・性別】
シュシュ・3歳・オス(去勢済み)

【迷子になった日、保護できた日】
迷子:2012/9/26深夜
保護:2012/10/12 22時頃

【捜索中に配布したチラシの総枚数】
300枚

【一日当たりの捜索時間】
ならすと、2時間程度。
30分しか捜せない時もあれば、4時間程捜している事もありました。

【保護に至った経緯】
■9/29
Twitterで拡散協力と情報募集が始まってすぐ、
自宅近く(距離200m程)のレストランの方(O家のお嬢様)からお店にチラシを貼っても良いですよとお申し出を頂く。
私はその時、自宅100~150m圏内へのポスティングと捜索を中心に行っており、
シュシュの姿が何処にも無く、途方に暮れていた。

■10/5
第二の協力者が現れる。K様という方。
同じロシアンブルーを飼っているという飼い主様で、住所が近い事から、
チラシ撒きのご協力をお申し出頂く。
K様はその後、チラシ撒きだけでなく、
捜索活動そのものにもご協力下さる一番の協力者となった。

■10/10
お店にロシアンブルーが来る(外から覗き込んでいる)と、
そのお店の店主様が、連絡を下さったことがきっかけで居場所が判明。
自宅から300m程離れた場所に居ました。

実は当日、私の連絡先が接続不安定により繋がらなかったとの事で
その目撃情報は、O様を経由して私のもとへやって来ました。

その事をK様に連絡すると、K様も一緒に行って下さるとの事。
お言葉に甘え、私が仕事先から戻り次第すぐにレストラン横のO様宅へ伺った。
午後8時位にO様宅に到着し、情報提供者様のお店までご案内頂く。
しかし残念ながら、その日は定休日だった様でお店は閉まっていた。
(しかし、私に同行していたK様のお父様が、情報提供者様とお友達だと言う事が判明。
K様がすぐお父様に連絡を取り、詳しい事を聞いて下さることになる。)

シュシュはもちろん捜したが、出て来ない
それを不憫に思ったO様が、ご厚意で近所の猫好き(動物好き)で有名な方、N様をご紹介下さる。
ご紹介頂いたN様もシュシュ探しへの協力を快諾
自宅の塀にチラシを貼って頂く事になる。

時間も遅くなって来た為、その日の捜索はそこで打ち切り。
私は目撃情報のあった近辺の電柱や掲示板にチラシを貼りまくりました。


■10/12
再び目撃情報が来る。
10/10に情報を下さったのと同じ方(保護主様となる)
今度は、K様のご自宅に連絡が行ったため、私はK様経由で連絡を受ける。
また、その夜仕事先から戻ってすぐ、保護主様宅へ伺う事に。

保護主様にお会いしお話を伺うと、
1週間程前(10/5頃)からロシアンブルーを見かける様になり、
3~4日程前から自宅のお庭にご飯を貰いに来て、遊んでまた何処かへ行くということ。

時期的にも、シュシュの可能性が高いという結論に至り、
夜20:30頃から保護主様のご案内の元、捜索スタート。
暗闇から「どすん!」という音がした為、何かいると確信。

その時は何も見つからなかったが、保護主様が私の持参したキャリーバッグとじゃらしを預かり、
またロシが現れたら捕獲して下さる事になる。
私の連絡先と、住んでいる場所の話(赤い鳥居のお稲荷さんの話)をしたら、
保護主様が良くご飯をあげに来る野良猫が、お稲荷さんの猫溜まりの住猫だと言う事で、保護主様も良くご存知の場所だった。
保護主様、K様、私の3人で「すごく繋がっているね」と感心する。

21:30頃、帰宅。

22:15頃、保護主様から連絡あり。

「また来たから捕まえた~!持って行くよ~!!」と、
捕まえたその足で私の自宅までシュシュをお届け下さった保護主様。
キャリーバッグの中から「ふにゃあ~」と鳴く声も聞いて、
間違いなくシュシュと確認。


無事、帰還!


【自宅から直線距離でどれくらいの場所?】
300m

【保護したときはどうやって? 捕獲器?】
保護主様が、「シュシュー」と呼びかけ、
近づいて来た所をだっこして捕獲

【飼い主と再会したときの猫の様子は?】
ふにゃ~!ふにゃ~!と興奮した様子でしたが、
懐かしい家の匂いに少しずつ落ち着きを取り戻していました。

【お猫さまと再会したときの飼い主さまの気持ちは?】
歓喜、感動、感激、感謝。
協力して下さった沢山の方々のメッセージや顔が思い浮かび、わんわん泣いていました。

【体重ビフォーアフター】
たしか5.4kg → 4.2kg
約1kg減

【迷子の間、お猫さまはご飯を食べていたと思いますか?】
初めは何も食べられていなかったと思いますが、
最後の数日は保護主様宅でご飯を食べさせてもらえていました。

【失踪時につけていた首輪はついたままでしたか?】
首輪を元々して居なかったため・・・。
分かりません、すみません。

【保護したらまず何をした?】
抱きしめました

【同居猫の様子はどうだった??】
同居猫はおりませんのでノーコメントでお願いします。

【ぶっちゃけ、捜索にいくら掛かった?】
チラシを印刷するためや、猫おやつや猫缶等のみでしたが、
1万円くらいは掛かりました。

【迷い猫捜索で一番大切なのは何だと思う?】
くじけそうになっても、諦めない事。
一緒に捜してくれる、仲間や協力者を得る事

【正直に言って、保護できるって思ってた?】
きっと帰って来る!と信じ込む事で、自分を保っていた部分があります。

【捜索中、何が一番つらかった?】
どこを捜したら良いのか、目印になるものも無い時期。
目撃情報が届くまでは、地獄の様です。
精神的に辛く、毎日胃もギリギリして、とても辛かったです。

【今の気持ちを叫んで下さい!】
迷い猫捜索応援団様!Twitterで協力して下さった皆様!
O様!K様!N様!保護主様!!
本当にありがとうございましたー!!!!!

【愛猫ちゃんは、あなたにとってどんな存在?】
家族です。 そしてとても大事な友人です。
彼が居なくなっていた時期は、見えるもの全てがどんよりした灰色になっていました。


【今後の迷子防止対策は?】
網戸ストッパーの取り付け
迷子札と鈴付きの首輪
猫から目を離さない

【愛猫捜索を続ける飼い主さんに一言!】
猫の捜索はとっても辛いです。
私はとてもラッキーで、Twitterで沢山の方に励ましやアドバイスを頂いたり、
実際に付近の捜索を協力して下さる方にTwitterで出会う事が出来たりしましたし、
そのお陰で、猫を見つける事が出来ました。
ですから、そのような出会いのきっかけを下さった迷い猫捜索応援団様には本当に感謝しています!

一日も早く、皆様の元に可愛い猫様達が戻って来ます様に!!

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

いかがでしょうか?
丁寧な文章から、飼い主さまのお人柄が伺えますよね。
シュシュくんの捜索過程に登場する人、全員すっごくいい人ばかりですけど、
これって、たまたま運がよかったからじゃなく、
そういう人たちを飼い主さまが引き寄せたんだと思います。

飼い主さまがシュシュくんを必死に探している姿、
そして、おそらくとても丁寧で礼儀正しい姿勢が、
助けたい!という気持ちを呼んだんだと思います。

いやね、
実は1号ちゃんもご近所で愛猫を迷子にした人がいたので、
お手伝いをしたことがあるんですよ。
もともと知り合いとかじゃなく、捜索の手伝いで初めて知り合ったんです。

が、またこの飼い主がうごかねえ!
チラシ貼りに行くだけでも、いちいち1号ちゃんを電話で呼び出す!
呼び出されて行ってみると、わずか30枚ほどのチラシが用意されているだけで、
チラシに防水処理などいっさいされてはいない・・・・・・!



「えっと、これだと雨で濡れちゃいますよね・・・・濡れたらボロボロになっちゃいますよ」


「ですよねー、どうすればいいですかー?」


「あ、ジップロックに入れて貼るといいですよ!」


「うち、ジップロックないんですよー」


「あー・・・・・・でも、すぐそこで買えますよね・・・・・・」


「えー、ウフフフフ」


「・・・・(‘A`)」




何回かお手伝いに行きましたが、飼い主に探す気がない以上どうしようもありません。
結局、あの子は見つからないままのようです。
ご近所ということで捜索のお手伝いを始めましたが、
真剣に探していないことが丸わかりだったので、
こちらも真剣にお手伝いしようという気持ちにはなれませんでした。




ですから、
今回シュシュくんの飼い主さまに多くの人が協力したのは、
やはり、飼い主さまの真剣さが伝わったからだと思うんです。

これまでの活動の中で、
「誰も手伝ってくれないんです・・・・・・」という飼い主さまが何人かいらっしゃいましたが、
全部が全部そうというわけではありませんが、
「誰も手伝ってくれない」を捜索をしない言い訳にしているようにも思えました。

たしかに、誰も手伝ってくれないような状況になることもあるでしょう。
そういう状況が皆無だとは言いません。
ですが、
じっさい、愛猫が迷子になっても真剣に探そうとしない飼い主
迷い猫捜索応援団に迷い猫登録しただけで、「探している」という免罪符を得た気になっている飼い主が何人もいたように思います。

そういう飼い主に飼われていた猫は不幸ですね。

もう一回、これ貼っておきましょうか。

Photo





さて、いつもならばここで無事に帰ってきたシュシュくんのお写真を貼るところですが・・・・・・
あ、あれっ、保護アンケートに添付されていませんでしたよー!

結構前に保護アンケートを送っていただいていたので、
こちらの記憶違いかもしれませんが、とりあえず写真なしで公開します!
ご、ごめんなさいねー。

あ、代わりによかったら、銀仁朗くんのお写真でもどうぞ〜!

1_2

うわー、ちょうかわいい!

ジャマタネッ!


« 【まさに執念!】飼い主さまはヌーちゃんを半年間探し続けた【二度と失敗はせぬ!】 | トップページ | 【いつものように出かけて失踪】茶太郎くんは1ヶ月ぶりに無事保護されました!【きっかけはチラシ】 »

【無事保護されたぞー】」カテゴリの記事

無料ブログはココログ