2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

リンクバナー

  • 迷い猫捜索応援団

« 【またしても餌やりさんからの通報!】自宅から離れた場所で迷子になったポッキーちゃん、高齢でも負けなかったぜ! | トップページ | 【何と2ヶ月半ぶりの再開!】家から2キロ以上も離れた場所で保護されたチビタマルちゃんは、以前よりも逞しい体つきになっていた! »

2012年8月27日 (月)

【最後は捕獲器で!】自分で網戸を開けて逃走したくぅちゃんは、やっぱり自宅周辺を離れなかった!

こんばんはーーー! 1号です!




いやあああ、知っている方もいらっしゃるかと思いますが、
今日はめっちゃいいことがありましたよおおおお!

これまで269件もの迷い猫情報を掲載してきました。
そのうち半数以上の迷い猫が無事飼い主さまの元に帰ることができていますが、
今まで、インターネットで情報を公開したことで保護につながる情報提供があった、
というケースは1件もありませんでした

迷い猫捜索応援団が捜索のノウハウを提供したことで保護できた、
そう感謝いただくことは多々あるし、
インターネット・Twitterを通じて目撃情報が寄せられることもしばしばあるのですが、
残念ながら、その情報が保護につながったことは一度もなかったのです。



が!


今回、迷い猫捜索応援団のブログに掲載された迷い猫情報によって、
迷子になっていたお猫さまが無事に飼い主さまの元に帰ることができたんです!

迷い猫を保護した方がネットで検索したら迷い猫捜索応援団ブログがヒット!
それで飼い主さまに連絡が行き、無事に再会することができたんです!



詳細はまた保護アンケートでお伝えできると思いますが、
今朝は1号、マジで泣いちゃいました。

今までブログを書いてきてよかった、本当にそう思いました。
書くのがつらくて仕方ない時期もあったし、
迷い猫捜索応援団をやめよう、そう思った時期もありました。
自分のやっていることが正しいのか、本当に人の役に立っているのか、
それが分からなくなったこともありました。


でも、迷い猫捜索応援団のやってきたことは間違っていませんでしたよね?
269件のうちたった1件でも、たった1匹でも、
迷い猫捜索応援団の活動で、
このブログの存在で救うことができたのなら、
もう十分です。

これからも、
うるさいと言われようが、
くだばっちまえと言われようが、
自己満足だと言われようが、
迷い猫捜索応援団は活動を続けます。

みなさん、これからも迷い猫捜索応援団をよろしくね!




さて、今日も保護アンケートでっせ〜!
今日はNo.0245のくぅちゃん

くぅちゃんは、完全室内飼いですが自分で網戸を開けて脱走してしまいました。
猫って本当に器用ですよね。
網戸なんてチャチャッと開けてしまいます。
でも、くぅちゃんはそれまでは網戸を開けたことがなかったので、
飼い主さんはまさか開けることができるなんて!と思っていらっしゃったようです。

くぅちゃんは未去勢の女の子、
それゆえ、できるだけ早い保護が求められました。
では、そんなくぅちゃんがどうやって帰って来たのか、
飼い主さまからいただいた保護アンケートを見てみましょう〜!

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

【猫の名前・歳・性別】くぅ 6歳 雌
【迷子になった日、保護できた日】 7月10日 → 7月24日

【捜索中に印刷したチラシの総枚数】90枚ほど
【一日当たりの捜索時間】
明け方1時間 日中30分 夜~深夜1時間

【保護に至った経緯】
保護する3日前から自宅周辺に姿を見せるようになり、最後は捕獲器にて保護できました。
【自宅から直線距離でどれくらいの場所?】
いなくなって目撃が多かったのは自宅から直線距離で50メートル 
保護した場所は自宅前

【保護したときはどうやって? 捕獲器?】捕獲器です。
【飼い主と再会したときの猫の様子は?】
1、2回目はどっしり構えてました。
帰りたくないような、そんな顔してました。

【お猫さまと再会したときの飼い主さまの気持ちは?】
こらぁぁぁぁ!帰ってこぉぉぉぉい!

【体重ビフォーアフター】
いなくなる前5キロ弱 
帰ってきたら3.1キロ

【迷子の間、お猫さまはご飯を食べていたと思いますか?】
エサをあげたという話は聞きましたが、実際に食べるとこまでは見ていないそうなので、
食べなかったかもしれません。
水だけで過ごしていたように思います。

【失踪時につけていた首輪はついたままでしたか?】ついたままでした。
【保護したらまず何をした?】
好きなエサとお水をあげました。
【同居猫の様子はどうだった??】シャーーーーー!と威嚇?でした。

【ぶっちゃけ、捜索にいくら掛かった?】5千円
【迷い猫捜索で一番大切なのは何だと思う?】
各機関への届出 
チラシのポスティング 
聞き込み 
猫の事を熟知してる方々からのアドバイス

【正直に言って、保護できるって思ってた?】
3日目あたりまでは帰ってくるだろうと思っていました。
4日目になってもしかしたら…と思うようになり10日目には絶望しかありませんでした。

【捜索中、何が一番つらかった?】
何もかも一人でやらなければいけなかった事
【今の気持ちを叫んで下さい!】
捜索を開始して応援団の皆様と知りあえて本当に良かったと思います。
保護で きたのは応援団の方々のお陰と言っても過言ではありません。
孤独だった毎日を色々な面で支えて頂きました。
本当にありがとうございました。

【愛猫ちゃんは、あなたにとってどんな存在?】 
子供のような存在
【今後の迷子防止対策は?】
高さのある少し大き目のケージを購入しました。
窓を開ける時間を決め、ケージから出す時は窓に鍵をかけ忘れないようにしたいと思います。

【愛猫捜索を続ける飼い主さんに一言!】
孤独な日々をどうにか乗り切って下さい。
そして一日も早くお家に帰ってきますように。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

うわああああ、応援団めっちゃほめられてるやーーーん!



すまん、ちょっと泣かせて。

。・゚・(ノД`)・゚・。



・・・・・もうちょっと泣かせて!


ウワァァ━━━━━。゚(゚´Д`゚)゚。━━━━━ン!!!!


さて、今回のケース復習しておきましょう!
完全室内飼いの場合、お外に出てしまっても遠くに行く可能性は少ない
そう言われていますが、くぅちゃんの場合もそうだったようです。
迷い猫捜索応援団では完全室内飼いを推奨していますが、
それは、迷子になった場合に捜索範囲が限定されるからでもあります。

もちろん、例外もあって、
特に子猫なんかは完全室内飼いをしていても、恐いもの知らずでどんどん遠くに行くことがあるようです。
No.0102のポコちゃんのケースなんかはそうですね。
生後半年にも関わらず、最後保護されたのはご自宅から1キロも離れた地点でした。

が、多くの場合、
完全室内飼いをしていた猫は遠くに行くことができず、
だからといって自宅の場所が分からず、自宅の周りをウロウロぐるぐるしている
ことが多いようです。
あ、未去勢オスの場合はまた別です。
あいつらの性欲といったらもう、海よりも深く山よりも高く、です。

近くにいるのに帰って来られない、
帰って来られないうちにどんどん野生化していく・・・・・・
そこで有効なのが捕獲器なわけですよ!
我が家も最後は捕獲器で保護しました。

飼い猫なのに捕獲器?
自分ちの猫なのに素手で捕まえられないの?

そう言われることもあると思います。
が、
迷い猫を保護する際に捕獲器を使うのは珍しいことではない
そう思っておいて下さい。
いや、むしろ、捕獲器を使うのが正しい保護の仕方である
そう思ってもいいぐらいです。

迷子になってしまったお猫さまは、
目隠しをされて無理矢理飛行機に乗せられ、南米に連れてこられたようなもんだと思って下さい。

ねえ、あなた、目隠しされた状態でどこだか分からない国にいて、
それでいきなり腕でもつかまれたら抵抗するでしょ?
殺されるうううううううう!
そう思って抵抗するでしょ。
お猫さまだってそうなんです。

素手で捕まえられる、そう過信して失敗するよりは、
最初から捕獲器を使った方が確実
です。
素手で捕まえられると過信して失敗した私が言うんだから間違いありませんよ!
あのとき、最初から捕獲器を使っていたら、
捜索に10万も掛からなかっただろうよ・・・・・・・・・(遠い目)。
あの10万があれば、我が家の表札もいいかげんかまぼこの板から卒業できただろうに・・・・・(遠い目)。



くぅちゃんの飼い主さまは、今後の脱走対策としてケージを購入されたようですね。
たまに、一日の大半をケージの中に入れて飼育しようとする人がいますが、
私はそれは虐待であると考えています。
猫は動きたい動物、走ったりジャンプしたりするのが好きな動物です。
動けないジャンプできない状況で飼育するのは、人間のエゴでしかないと思います。
が、くぅちゃんの飼い主さまのおっしゃるように、
一日のうちの数時間だけケージに入れる、というのは十分アリだと思います。
ご飯を食べた後のお昼寝タイムだけとか、決めておくといいのではないでしょうか。

ただし、中にはケージが大嫌いでおとなしく入っていない子もいます。
せっかく買ったケージが無駄になる、そういうこともありますので、
購入する際はある程度の覚悟をしておいて下さいね。

ええ、我が家はせっかく買ったケージが無駄になってますよ。
銀仁朗を家族に迎える際に、最初はケージに入れてサチフクと対面させようとしましたが、
結局あいつ、数十分しか入っていませんでしたよ・・・・・・。
え、ツトムくん?
あいつなんてもっと短かったように思いますよ。
多分、数分レベルだったんじゃないですかね・・・・・・・。



では、最後に無事に帰ってきてくれたくぅちゃんのお姿を拝見しましょう!
くぅちゃん、もうお転婆はいけないぜ!

Ku_02

ほんでは、また!
もう1件まとめようと思うけど、公開は明日になりそうです。
ジャマタネッ!

« 【またしても餌やりさんからの通報!】自宅から離れた場所で迷子になったポッキーちゃん、高齢でも負けなかったぜ! | トップページ | 【何と2ヶ月半ぶりの再開!】家から2キロ以上も離れた場所で保護されたチビタマルちゃんは、以前よりも逞しい体つきになっていた! »

【無事保護されたぞー】」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 【またしても餌やりさんからの通報!】自宅から離れた場所で迷子になったポッキーちゃん、高齢でも負けなかったぜ! | トップページ | 【何と2ヶ月半ぶりの再開!】家から2キロ以上も離れた場所で保護されたチビタマルちゃんは、以前よりも逞しい体つきになっていた! »

無料ブログはココログ