2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

リンクバナー

  • 迷い猫捜索応援団

« 【残念ながら亡くなりました】横浜市鶴見区で青い首輪付きの茶白猫が保護されています!【衰弱しています!】 | トップページ | 【保護できました!】No.0108・愛知県知多郡武豊町・アメショーみたいなサバトラの女の子!【大人だけどかなり小柄】 »

2012年1月 4日 (水)

【今年一発目の保護アンケート!】ほっそりイケメンのりんたろうくんは飼い主さまが予想しなかった方向で発見された!【今回もチラシ効果!】

こんにちは〜。
お正月が終わり、今年一年の楽しみがほぼ終わってしまった管理人です〜(´ω`)

さて、さてさてさて!

皆さんお待ちかねの保護アンケートが届きましたよ〜!
今回は、No.0106のりんたろうくんです!

りんたろうくんはシュッとした細身のお顔が印象的なイケメンでした。
飼い主さまはりんたろうくんが12歳という高齢なことを心配し、必死に探していらっしゃいましたが、
さて、どうやってりんたろうくんがご帰還なさったのか、見てみましょう!

【猫の名前・歳・性別】
りんたろう・12歳・オス(去勢済み)
【迷子になった日、保護できた日】
迷子になった日2011年12月29日
保護できた日2012年1月3日

【捜索中に印刷したチラシの総枚数】
約500枚(内100枚は未使用)
【一日当たりの捜索時間】
3~4時間ほど。年末年始は仕事なので、昼間は本格的な捜索は出来ず

【保護に至った経緯】
我が家は住宅街です(全部で1500戸ほど)
一人で回っていましたが、保護される前日(1/2)に正月だというのに
友人2人が東京から手伝いに来てくれました。
1人はポスター掲示のお願いに店舗様を周り、私ともう一人でポスティング。
地図を見ながら、私は北へ、友人は南へ行くことに。
一通り回って、さぁ続きを…というときに、私が思ってもみなかった方向へ行ってみると、友人が言いだしました。
用意したチラシを全てポスティングし終え、続きは明日からやるよと解散。

翌日、チラシを見た方から電話があり、今、隣の空き地にいる子が似ている、と。
全身グレーで模様なし、白い首輪。直感でビンゴ!と思いました。
その空き地は、前の日、友人が「行ってみる」と言いだした方向です。

私は仕事のため、すでに外出してましたが、仕事を放りだし(自営です)
父に電話で、場所を伝えキャリーと缶詰、りんたろう捜索グッズを入れた袋を
持って、すぐに行け
と指示。
電話をくださった方は、私たちが到着するまで見守っていてくださいました。

行ってみると、車のそばの陽の当たるところでうずくまっているりんたろうを発見!
ここで、管理人様の「見つけても駆け寄るな」を思い出し、
腰を落として、呼ぶ
と返事が返ってきました。
返事が返ってくるだけで、うずくまったまま動かないりんたろう。
腰を落としたまま、ジリジリと近付く私。

声をかけながら、缶詰を開け、フォークで混ぜ混ぜしつつ匂いを漂わせました。
ようやく一歩二歩と近付いてきましたが、まだまだ射程圏内ではありません…
キャリーをすぐそばまで持ってきてもらい…さらに近付き、手を伸ばして
私のニオイを嗅がせました。
すると缶詰を食べようと近付いてきたところで、前肢が腫れているのを確認
そのまま缶詰を一口食べたところでそ~~っと捕まえ…
若干暴れましたが、キャリーを縦にし、放りこみました!
缶詰も一緒に放り込み、捕獲成功!

りんたろうは、一緒に放り込まれた缶詰を食べるのに夢中で、
中で暴れたりはありませんでした…
その後は…号泣です(笑)

【自宅から直線距離でどれくらいの場所?】
直線距離で200メートルくらい。
ただし、間に住宅街中、一番車通りのはげしい道路があったので、
固定観念でそっちは行かないだろうと、思いこんでた方向でした。

【保護したときはどうやって? 捕獲器?】
缶詰で釣って、手のニオイを嗅がせ、安心して食べだしたところで、
優しく抱っこ。

その後は縦にしたキャリーに缶詰とともに放りこんだ。

【飼い主と再会したときの猫の様子は?】
呼べば返事をしたが、警戒して最初は近付いてこなかった
足を怪我していたこともあるが、特に逃げようともせず、
ニャーニャー鳴き続けた。

【お猫さまと再会したときの飼い主さまの気持ちは?】
「見つかっても駆け寄るな!」
安心するのは、完全に保護してから。と、自分に言い聞かせて、
出来る限り落ち着いて行動したつもりです。

キャリーのカギをかけた瞬間には…号泣でした。
何かがプツリと切れました(笑)
住宅街のど真ん中で、父も発見してくれた人もいたのに、
オイオイ号泣
してしまいました…
その声に、周りの方々も出てきてしまったくらいです(恥)
みなさん、チラシを見てて下さったようで、良かったねーー!っと、
もらい泣きまでしてくださるオバサマもいました。

【体重ビフォーアフター】
4.5キロあった体重は、3.8キロまで落ちてました。
骨格がデカイので、体重の割には細身なんです。
捕まえた瞬間、背骨が浮き出ていて愕然としましたが…
後でゆっくり愕然としてやる!っと、気を持ち直したのを覚えています。

【迷子の間、お猫さまはご飯を食べていたと思いますか?】
何も食べていなかったと思います。

【保護したらまず何をした?】
ものすごい勢いで缶詰を食べるので、そのままキャリーに入れておいた。
前肢が腫れていたのは確認済みだったので、折れてると思い、
保護してから一度もキャリーから出さずに、病院へ直行。
結果、ケンカによる傷からの化膿でした。…良かった。

【同居猫の様子はどうだった??】
元々、そんなに仲良くはなかったけれど、さすがにしょんぼりしてました。
いつもイジメられているのに…(笑)

帰ってきたら早速、威嚇されてましたが。
今もつかず離れず、普段の距離を保ってます。

【ぶっちゃけ、捜索にいくら掛かった?】
チラシコピー代、23,000円
友人へのお礼の夕飯代、6000円
発見者様へのお礼の品、4000円
合計33,000円ほど

【迷い猫捜索で一番大切なのは何だと思う?】
諦めない気持ち、自分が崩れないこと、愛猫を信じること。
発見時の冷静さ、人に頼る強さ、人海戦術、固定観念の排除。

どれが一番か…となると、固定観念の排除でしょうか。

【正直に言って、保護できるって思ってた?】
居なくなった日は大変冷え込み、12歳という年齢を考えると、嫌なことしか
考えられなかった。

しかし、ツイッターやフェイスブックでリツイートしてくれたり、シェアしてくれたり、見知らぬ人からメッセージを頂いたりして、それが心の支えでした。
友人が来てくれた時、確信しました…ヤツは生きて帰ってくると!
…そして翌日、保護できました。

【捜索中、何が一番つらかった?】
泣いたら自分が崩れそうで、必死に気持ちを保っていた時。
年末年始は繁忙期のため、どーーしても仕事が休めず、接客してる時。

【今の気持ちを叫んで下さい!】
麟太郎! よくぞ頑張った! この寒さの中、よくぞ生きていた!
ありがとうございましたーーーーー!


【愛猫ちゃんは、あなたにとってどんな存在?】
もう二度と離れたくない存在です。
オマエは一生、私が面倒みる!

【愛猫捜索を続ける飼い主さんに一言!】
見つけた時のイメージをしっかり描いて、心を強く持ってください。
メンタル的にやられてしまっては、元も子もありません。
心を強く持つために、応援団の力はものすごく支えになります!
そしてよく食べてよく寝て、健康であること。
飼い主さんがダウンしては、捜索もできませんから…
見つかってから泣けばいいんです! 見つかってから風邪ひきゃいいんです!
それと、土地勘のない友人の勘は、なかなか鋭いです(笑)

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

えっと、管理人、嬉しいです(ザブングルの加藤の顔をご想像下さい)

りんたろうくんの飼い主さま、管理人が普段から口を酸っぱくして言っていることを覚えていてくれた・・・・・・!

もう1回言うぞ!
見つけたからって慌てて近寄ったり、慌てて捕まえようとするな!
猫の火事場のクソ力をなめるんじゃねええええ!

ちなみに、以前保護アンケートを掲載したもこちゃんの飼い主さま、
もこちゃんを捕獲器から出す際に大けがを負ったわけですが、
まだあの傷治ってないんですって!
もう2ヶ月以上経つのに、まだお風呂入るときにはビニル袋装着で入ってるんですって!
いいか、猫の攻撃力をなめるんじゃねえぞ?
スライムだと思ったら、あれスライムのようすが??????って、キングスライムになって、
さらに肉まんになっちゃう、それぐらいすげえと心に刻み込め、今すぐだ!

りんたろうくんの飼い主さまは、本当に冷静に行動して下さいました。
慌てず騒がず落ち着いた行動が、保護につながったと管理人は思います。

じりじりと近付いた上で指の匂いを嗅がせる、これマジで基本に忠実!
お手本みたいな行動ですよ!
いや、マジで完璧です。
無理にフクちゃんを捕まえようと腕を引っ張って取り逃し、20日間の捜索を続ける羽目になった管理人が言うんだから、間違いナスッ (*´ェ`*)


では、管理人の能書きもそろそろウザイとお思いでしょうから、
無事ご帰還なさったりんたろうくんのお写真を拝見しましょうか!

Img_0237_001


Img_0246_001

イーケーメン! イーケーメン! イーケーメン!

スリスリして嬉しそうヽ(´▽`)/
傷も大したことないようだし、本当によかった〜!

あ、ちなみに、
今回は網戸を破壊されての脱走でしたが、
飼い主さま二度と脱走することのないように、頑丈な柵を作られるとのことでした。
うん、よかった〜!

最後になりますが、
猫は怪我をした場合など、ジッとうずくまって傷が癒えるのを待つ習性があります。
そりゃそうですよね、猫は自分で保険証持って病院行ったりしないわけですから。
迷子になった子がなかなか見つからない場合、どこかに潜んで傷が癒えるのを待っている可能性もあります。
だから、ちょっと探して見つからないからって、簡単に捜索をあきらめないで下さい。

先日も、迷子になってわずか3週間程度で「もうあきらめます」と連絡をしてきた方がいました。
その方は、応援団のブログには情報を載せていない方で、
twitterでしかやり取りをしていなかったのですが、
たった3週間でもうあきらめると聞いたとき、愕然とするとともにものすごい腹が立ちました。
猫は2〜3週間食べなくても死ぬことはないし、
人間の出したゴミや虫など、何かを食べて生き延びていく可能性もあります。
うちのフクちゃんは、迷子になっていた3週間何も食べなかったけれど、
特に健康に異常はありませんでした。
それを、たった3週間であきらめるって、クソ以下のクソとしか思えません。

何度も言います。
猫を飼ったら最後まで面倒をみるのが飼い主の務めです。
面倒をみるというのは、単にご飯をあげる、病院に連れて行く、だけではありません。
迷子になったら必死で探す、これも飼い主の務めです。

3ヶ月4ヶ月捜索して何の手がかりも得られない飼い主さまが捜索を断念する、という場合なら、
管理人は何も文句もないし、むしろ長い間探してくれて有り難うとお礼を言いたいです。
でも、
迷子になっても探さない、ちょっと探しただけで「もう死んでる」と諦める、
こんな奴は猫の神さまから天罰が下って当然です!
っていうか、
猫の神さまが許しても管理人は許さねえ、地獄の底まで追って行ってやるからな!

迷子になっても探すの面倒〜( ´_ゝ`)とかいうクソ野郎は、
せめて、迷子にならないよう最善を尽くして下さい。

首輪は完全室内飼いでも着ける!
首輪には必ず連絡先を分かりやすく明記する!

これだけでも、迷子になったお猫さまが帰ってこられる可能性はグングングンッと上がります。
頼むよ、マジで。
いやほんとうに、マジで。

りんたろうくんの飼い主さま、新年早々お疲れさまでした、そして嬉しいニュースをどうもありがとう!

この波が続くことを祈っています!

じゃ、じゃ、ジャマタネッ!

« 【残念ながら亡くなりました】横浜市鶴見区で青い首輪付きの茶白猫が保護されています!【衰弱しています!】 | トップページ | 【保護できました!】No.0108・愛知県知多郡武豊町・アメショーみたいなサバトラの女の子!【大人だけどかなり小柄】 »

【無事保護されたぞー】」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 【残念ながら亡くなりました】横浜市鶴見区で青い首輪付きの茶白猫が保護されています!【衰弱しています!】 | トップページ | 【保護できました!】No.0108・愛知県知多郡武豊町・アメショーみたいなサバトラの女の子!【大人だけどかなり小柄】 »

無料ブログはココログ