2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

リンクバナー

  • 迷い猫捜索応援団

« 【保護できました!】No.0033 東京都北区・引っ越してきたばかりの黒猫さま! | トップページ | 【無事保護されました!】約半月ぶりのご帰還!【ビバ! 石川県!】 »

2011年9月 9日 (金)

【まさに猫まみれ!猫天国!】世界の猫グッズ博物館に行ってきました【皆様も支援を!】

こんばんは。腹が減っている管理人です(´ω`)

さて、昨日はブログの更新をお休みさせていただきましたが、
お友だちと一緒にお出かけしてきました。
ご報告させていただきます!

メンバーは
管理人
管理人夫(下ろす前の筆)
友人その1(36歳独身女)
友人その2(36歳独身女)

です。

友人その1の方は以前も登場し、じみーに大人気を博しました。
「36歳独身女で猫が好きって私じゃないの?」
「妙に親近感を感じるんですけど何で?」

などなど、密かに人気でした(´ω`)

今回は、その友人その1の高校時代の同級生も初登場!
この友人その2は、最強キャラ、戦後のリーサルウェポンとして広く知られています。
何がすごいのかって???

ことばでは説明できない・・・・・・・・(゚A゚;)

とにかくまあ、すごいんですよ。
一緒にいると腹筋何本あっても足りないくらいなんですよ。



で、この濃すぎるメンツでどこに行ったかというと、

千葉県安房郡鋸南町にある世界の猫グッズ博物館!
安房と言えばYOSHIKIが名産品として有名ですが、
猫好きとしては世界の猫グッズ博物館は知っておきたい施設です。

世界の猫グッズ博物館は、NPO法人「猫達の幸せを守る会」で保護したお猫さまを収容している施設。
猫グッズもたくさん置いてあり、お買い物もできますが、
売り上げはお猫さまたちの飼育代、施設の運営費に使われています。


館山道路の鋸南富山インターを下りてすぐのところにその博物館はありました。
玄関の前には10頭ほどのワンちゃんが。
可愛いチワワ(デブ)が威勢よくお出迎えしてくれました。
猫だけでなく犬もいるんですね。
Nekohaku1
あまりにも可愛いので、高田文夫の真似をする松村邦洋の真似で「バウバウ!バウバウ!」と言っておきました。


さて、入り口でスリッパに履き替えて入館します。
入館は大人800円。2回目からは400円になるそうです。
まずは、支援物資をお渡ししました。
Dscf2673
支援物資と言っても、猫砂3袋とカリカリ3袋×2を持っていっただけです。
あ、あと友人その1が自宅にあった使わない洗剤を持ってきていました。
本当はもっと色々持っていきたいけれど、なかなか・・・・・・・。

入館したら、好きなだけ猫を見て、触れることができます。
時間制限なんてありません。
では、どんどんお猫さまのお写真を貼っていきますよ〜!


Dscf2645_2


Dscf2646


Dscf2647


Dscf2648

Dscf2651_4


Dscf2652


Dscf2653

Dscf2658


Dscf2666

館内には自由に歩き回っている子とケージの中に入っている子がいます。
順番に出し入れしているのか、
それとも性格によって決めているのか、ちょっと分かりません。
が、とにかく猫だらけです。

では、ここで管理人の夫がキャットタワー化していく様子をとくとご覧下さいませ!

まず1匹目
Dscf2650

続いて2匹目、もう既に3匹目が順番待ちをしています!
Dscf2654

3匹目の茶白さんからは、「おいまだかよ」ととうとうクレームが出始めました!!

Dscf2655


とまあ、猫好きにはたまらない場所なのですが、
猫好きとしては、本当はこういう施設は存在しちゃいけないとしみじみ感じました。

ここに現在120匹ものお猫さまがいらっしゃいます。
なぜこの施設にやってきたのか。
野良猫として保護された子、迷子として保護された子もいますが、
飼い主の飼育放棄で預けられている子もいるのです。

たとえばこのすっごいかわいい子。
Dscf2649
飼い主さんが引っ越すことになり、その引っ越し先では猫は飼えないとのことで、
この施設に預けられたそうです。
飼い主さんは月々餌代等を支払って預けているんでしょうが、
「預かり」と言っても、飼い主さんの元へ帰る予定は全くないそうです。
捨てていくよりは数百倍マシですが、
しかし、悲しそうにニャーニャー鳴く姿を見ると、
温かい家族の元で暮らしたいのだろうなと思ってしまいます。


友人その2はずっと「意味が分からない」と言っていました。
どうして猫と暮らせる引っ越し先を選ばなかったのか、選べなかったのか、
その詳しい状況は分かりません。
個々に事情もあるのでしょう。
しかし、管理人も管理人夫も友人その1その2も、
大切なお猫さまと離れるくらいなら竪穴式住居で暮らす方がよっぽどマシ
という考えを持っているので、
どんな事情があったにしろ、途中で家族と離れ人に預けることになったことの罪は、
永遠に感じ続けて欲しいと思います。


また、ここの施設には、血統書付きのお猫さまもいらっしゃいます。

まずはペルシャ。
Dscf2659

チンチラ。
Dscf2672

その他、アビシニアンやマンチカン、メインクーンもいました。
これらの子は、ブリーダーの破綻などでこちらに引き取られたようです。
「売る側」の良心が問われると共に、
果たして「売る」ことが正しいのかも考えさせられます。



では、湿っぽいのもこのブログにはあんまり相応しくないので、
面白い顔の猫も紹介しておきましょう。

妙に鼻のでかいお方。
Dscf2671

どう贔屓目に見ても悪人面のお方。
デ・ニーロと名付けてみました。
Dscf2670

そして、これは世界の猫グッズ博物館ではなく、
帰りに立ち寄ったザ・フィッシュというレストランやお土産屋さんの入った複合施設にいたお猫さまです。
いいもん食ってんのか、やたらと太ってました。
名前は美智雄と名付けました。何故かはご想像にお任せします(´ω`)
Dscf2674


Dscf2675


世界の猫グッズ博物館では、常に物資が不足しています。
直接足を運べる方はぜひ物資をお持ち下さい。
募金も受け付けています。
月1000円から養い親にもなれるので、猫を飼いたいけれど環境が許さないという方は、
養い親になってみるのもいいかもしれません。


管理人、近ければボランティアできるのになあ・・・・・(´ω`)と思っていたのですが、
ボランティアできないことが判明!

管理人、アレルギー体質で土埃がダメなんです。
うちの実家の猫を出入り自由にさせていたときも、
体を触ると手が痒くなっていたんです。
世界の猫グッズ博物館で猫たちと戯れているうちにアレルギー反応!
手が湿疹だらけになり、現在足にまで広がっています(´Д⊂グスン
体調がよくなるまでは、再び足を運ぶことも難しそう。
しばらく様子を見て、回復したらまた行こうと思います。
今度は手袋をして(´ω`)




楽しかったけれど、色々考えさせられる休暇でした。
猫好きの皆さん、猫を飼ってみたいと思っている皆さん、一度足を運んでみて下さい。
そして、
無責任な飼い主の尻ぬぐいを誰がやらされているのか、よく見てきて下さい。
詳しいことは分かりませんが、きっとこのNPOさんは財政的にかなりきついと思いますよ。


ジャマタネッ!

« 【保護できました!】No.0033 東京都北区・引っ越してきたばかりの黒猫さま! | トップページ | 【無事保護されました!】約半月ぶりのご帰還!【ビバ! 石川県!】 »

猫の飼い方【お猫さまへのご奉公】」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。

シロちゃんに似た子が写真の中に居らっしゃり、ちょっとドキッとしてしまいました、ツッキーです。

最後の一言、すごくぐさりとささりました。

私の家もご存知かと思いますが、今現在、猫が増えていて困っており、前にサチさんから言われたように、ボランティアさんに助けを求めようかと思っておりましたが、それは尻拭いしてもらおうとしていたんですね。

そう思うととても罪悪感が湧いて来てしまい、今やろうとしていたことにまた迷いが出てきてしまいました。

まぁ、猫を増やしてしまったのは、こちらのせいなんで自業自得と言われてしまえばそれまでなんですけれどね…。


そう思わせられたのでした。
失礼しましたm(_)m

ツッキーさん

シロちゃんに似ている子、実物は全然似てなかったから安心して。
すっごい寄り目だったから。

ツッキーさんのお宅の問題は、ツッキーさん一人の問題じゃないし、
ご家族の尻ぬぐいをツッキーさんがしようとしているとも言えると思う。
だから、とりあえず頼れるところに頼っていいと思うよ。
私はツッキーさんの決意を応援する。
迷い猫捜索応援団はみんなそう思ってるから。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 【保護できました!】No.0033 東京都北区・引っ越してきたばかりの黒猫さま! | トップページ | 【無事保護されました!】約半月ぶりのご帰還!【ビバ! 石川県!】 »

無料ブログはココログ