2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

リンクバナー

  • 迷い猫捜索応援団

« 【猫の写真を撮って応募!】猫に会ったら写真を撮ろうキャンペーン【豪華賞品がもらえる】 | トップページ | 【迷い猫・拡散希望】No.0011 東京都北区・お腹だけほんのちょっと白い黒猫さま »

2011年8月 8日 (月)

【迷い猫捜索応援団出動!】キャラちゃん大捜索キャンペーン【チラシ大量投下!】

みなさーん! 週末、いかがお過ごし〜?(ってもう日付は月曜だYO!)

入らなくなったジーンズを夫にあげたら、
夫にはブカブカで、平松愛理の如くもう笑うしかない管理人でございます。
平松愛理というよりは、平岩弓枝ドラマシリーズ・肝っ玉母さんみたいな?


・・・・・・な、泣いてなんかないやい!
。・゚・(ノД`)・゚・。


さて、昨日は先日予告致しましたキャラちゃん大捜索大作戦の決行日でございましたよ〜!

夜の11時にガスト小金井前原店に集合!
メンバーは、
キャラちゃんの飼い主さまの佐藤さん、
管理人と管理人の夫(ゴボウに似ている)、
相棒・みっちゃん改メのぶDad、
そして、以前愛猫・ニイちゃんが迷子になり、
2ヶ月半の捜索の末保護した経験をお持ちのMさんご夫婦の計6名!
ニイちゃんの保護までの経緯は、そのうちご紹介します。いや、マジデマジデ。

 
のぶDadは相棒と言いながらも、実は会うのは初めて。
twitterで知り合い、かなり親密に(性的な意味ではなく)やりとりをしてきましたが、
今回初ご対面となりました。
佐藤さん、Mさんともtwitterで知り合いました。
ちょうど、うちのフクちゃんが保護されたころにお二人とも愛猫ちゃんが迷子になったので、
管理人は捜索の経過をずっと見守っていました。
もちろん、佐藤さん、Mさんとも初対面!


いや、もうね、管理人がガストに降り立った瞬間、
地球がため息をつきましたよ。

何てったって、管理人は絶世の美女ですから(*´Д`)

もうね、ムッハー!(*´ω`*)=3って感じ。
いや、マジデマジデ。

管理人は、うちの夫(ゴボウに似ている)以外が、
ガストの前で膝から崩れ落ちるその瞬間を確かに見ましたよ!
い、いや、別に管理人、やばいクスリとかやってませんから!
本当に見たんですから!

・・・・・・み、見たんだよ! し、信じてくれたっていいじゃねえかよ!
なんだよ、田舎もんだと思ってバカにしやがって!




さて、今回の大作戦の一番の目的は、チラシをくまなく配布することでした。
佐藤さんは、チラシをご自身でポスティングしたり、
新聞折り込みに入れたりもしてきましたが、
なかなかお一人では難しい。
また、一度ポスティングした地域でも、時間が経ってしまうと、
チラシを紛失されていたり、
あるいは「もう見つかったんでしょ」と勝手に思われている可能性も高いので、
やはり、しつこくポスティングすることは大切なんです!


今回配布するチラシはこちら。
応援団のメンバーで協力して作りました(´∀`*)

Kyara

かわいいでしょっ★
このチラシを、今回は5000部印刷しました!

まずは、用意した地図を元に、どの地域に配るか相談。

21

男女1組で3チームに分かれることにしました。
真夜中に配るので、女性だけでは危険です。
特に、管理人は地上に降りた最後の天使なので、ゴボウがしっかりとガード!
とりあえず1組に付き750部ずつほどチラシを持って、
地図を見ながらくまなくポスティングすることにしました。


ポスティングした感想としては、
意外にハード。
そして、意外に暗い。

最初は節電の関係かなって思ったのですが、
小金井、もともと街灯が少ないようです。
管理人夫婦は主に住宅街の担当だったのですが、
どこがポストか分からない家もしばしば。
懐中電灯は必携です。

また、職務質問をされる覚悟はしていたのですが、
それは意外に大丈夫でした。
途中、おまわりさん(こまわりくんではない)とすれ違ったけれど、
おまわりさんも管理人を見て膝から崩れ落ちたぐらいですかね、特筆すべき点としては。


結局明るくなるまで大人6人が休憩もせずにポスティングし続けて、
配り終えたのは2000部強
という感じでしたでしょうか。
さすがに5000部全部は無理ですよ、奥さん!
残ったチラシはまたみんなでポスティングしてもいいし、
どうするかは話し合っていきたいと思います。

こんな人力でポスティングするくらいなら、
新聞折り込み入れればいいじゃない、お金がないの?かわいそうに、って思う方もいらっしゃるかと思いますが、
新聞折り込みも一長一短です!
確かに、ネットなどから情報を得ることが少ない中高年世代には有効かもしれませんが、
若い世代は新聞をとっていない人も増えてきているし、
チラシはまとめて読まずに捨てるって人も多いです。
げんに、管理人は新聞をとっていません。
古新聞が必要なときは母ちゃんのところにもらいにいくし、
ニュースも社説もネットで読めるし、
どうしても新聞自体を読みたいときは図書館に行くか、職場で入手します。
新聞なんかなくても何とかなる世の中、悲しいけどこれ現実なのよね(ここ、スレッガー中尉の声で読んで下さい)!

というわけで、人力でくまなくポスティングは決して無駄ではありません。
できることならやった方がいいと思いますよ。
別に夜中にやらなくてもいいですから。
ただ、夜中だと野良猫が出没しやすいので、
捜索もかねて実行できるという利点があるのと、
いちいち遭遇した住人に事情を説明する手間が省けるという点で効率的に配れます。

ポスティング効果か、佐藤さんの元にさっそく情報提供の電話があったそうです。
2000部配って1本の電話、とても効率が悪いようにも思うかもしれませんが、
猫の捜索って、そんなもんですよ。
だからこそ、日ごろから迷子にならないよう十分に注意する必要があるんです。
簡単に見つかる、自力ですぐに帰ってくる、
そんな風に考えないで下さいね、いや、マジデマジデ。



え、ポスティング中の写真とかないのかって?
馬鹿野郎、そんな暇ないんだよ!
管理人、ゴボウに叱られながら必死にポスティングし続けたんだよ!

ただ、ポスティング中に4匹野良猫らしきお猫さまと遭遇し、写真を撮りました。
もっとたくさん猫を見かけたのですが、
みんなすぐに逃げてしまい、写真を撮れたのは4匹だけ。
これは後ほど写真を公開しますね。
後ほどっていつかって? 後ほどは後ほどだよ!

しかしまあ、1匹、猫だ!と思ってカメラを構えたらハクビシンだったのは驚きました。
初めて見た、ハクビシン・・・・・・!
管理人の住んでいる地域にはいないようです。
コウモリの数がハンパないけど。


では、以上報告を終わります!
ジャマタネッ!

« 【猫の写真を撮って応募!】猫に会ったら写真を撮ろうキャンペーン【豪華賞品がもらえる】 | トップページ | 【迷い猫・拡散希望】No.0011 東京都北区・お腹だけほんのちょっと白い黒猫さま »

迷い猫捜索方法」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 【猫の写真を撮って応募!】猫に会ったら写真を撮ろうキャンペーン【豪華賞品がもらえる】 | トップページ | 【迷い猫・拡散希望】No.0011 東京都北区・お腹だけほんのちょっと白い黒猫さま »

無料ブログはココログ